Binance(バイナンス)が$SALTを含む5種類の仮想通貨の上場廃止を発表
   公開日 : 2019/02/16

Binance(バイナンス)が$SALTを含む5種類の仮想通貨の上場廃止を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

世界最大の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)は今月15日に同取引所から5種類の仮想通貨の上場を廃止する事を発表しました。

今回上場が廃止されるのは下記の5通貨となっています。

  • CloakCoin($CLOAK)
  • Modum($MOD)
  • SALT($SALT)
  • Substratum($SUB)
  • Wings($WINGS)

これらの通貨を含む取引ペアは2月22日午前10時(UTC)に削除される予定です。また、出金は2019年5月22日午前10時(UTC)まで可能となっています。

Binanceは前回上場廃止を発表した際と同様に以下の基準に沿ってプロジェクトを精査し、今回の決断に至った事を説明しました。

  • プロジェクトへのコミットメント
  • 開発アクティビティのレベルと質
  • ネットワークおよびスマートコントラクトの安定性
  • 広報の質
  • 定期的なディリジェンス要求への対応
  • 非倫理的/詐欺的な行為の証拠
  • 健全で持続可能な仮想通貨エコシステムへの貢献

今回上場廃止が発表された通貨は$SALTを除いて軒並み30%以上下落しています。一方、$SALTは記事執筆時点で前日比10.7%減となっています。

記事ソース: Binance, Coinmarketcap

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事