Binance(バイナンス)、国内取引所の完全買収で日本市場へ参入
   公開日 : 2022/11/30

Binance(バイナンス)、国内取引所の完全買収で日本市場へ参入

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

世界最大手取引所のBinance(バイナンス)が株式会社サクラエクスチェンジビットコインを買収し、金融庁の規制対象企業として日本市場に参入することが発表されました。

本日11月30日に行われたサクラエクスチェンジビットコイン株主総会において、発行済みの株式すべてをBinance (AP) Holdings Limitedへ譲渡することが決議され、新たな取締役として代表取締役に千野 剛司氏、取締役にLeon Foong氏が就任しています。

サクラエクスチェンジビットコインCEOの山本 仁実氏、バイナンスジャパンのゼネラルマネージャーであるChino Takeshi氏は下記コメントを出しています。

サクラエクスチェンジビットコイン 山本 仁実氏

“「世界有数の暗号資産取引所サービスプロバイダーであるBinanceとこのような発表をすることができ、光栄に思うと共に嬉しく思います。ユーザー保護を優先する我々の努力に加え、Binanceの強力なコンプライアンス体制は、将来的に大量導入に必要な主要クリプトサービスへのアクセスの支援に貢献するでしょう。」”

バイナンスジャパン Chino Takeshi氏

“「日本市場は、今後の暗号通貨導入において重要な役割を果たすでしょう。高度に発達したテックエコシステムを持つ世界有数の経済国として、すでにブロックチェーンが強力に取り込まれる態勢が整っています。私たちは、規制当局と積極的に協力し、地域のユーザーのためにコンプライアンスを遵守した形で、組み合わせた取引所を発展させていきます。私たちは、日本がクリプトで主導的な役割を果たすのを支援することを熱望しています。」” - 引用元:Binance

Binanceは2018年に金融庁から国内での無登録営業を行わないよう警告を受けました。その4年後となる今年9月、Binanceが日本進出に向けて暗号資産交換業者の登録申請を検討していることが報じられていました。

関連:バイナンスが日本進出を計画か | 交換業社への登録申請を検討【報道】

先日経営破綻したFTXでは、Liquidを買収する形でFTX Japanが設立され、日本人ユーザーの新規登録が停止された後に、海外版FTXへのアクセスが禁止に。

Binanceは、11月30日17時をもって日本の新規ユーザーの登録受付の終了を発表しており、今後の動向に注目が集まります。*現時点で既存ユーザーは引き続きプロダクトやサービスの使用が可能と正式発表

記事ソース:BinanceSEBC

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事