ビットフライヤー(bitFlyer)の本人確認まとめ!必要書類や注意点まで解説!
   公開日 : 2021/05/06

ビットフライヤー(bitFlyer)の本人確認まとめ!必要書類や注意点まで解説!

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

ct analysis

bitFlyer(ビットフライヤー)に新たに口座開設するときは、本人確認が必要です。

しかし、本人確認を行うとき、どのような流れでどんな書類が必要になるか分からないと不安ですよね。

そこで、この記事ではbitFlyerの本人確認に必要な知識や、進める手順について詳しく解説します。

これを読めば、トラブルなくbitFlyerで本人確認できますよ!

bitFlyerでの本人確認の基礎知識について知っておこう!

ビットフライヤー

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)での本人確認の基礎知識について解説します。

手続きを進めていく上で、把握しておきたいことばかりなので、早速確認していきましょう!

本人確認の基礎知識

仮想通貨の取引を行うためには本人確認が必須

bitFlyerで仮想通貨の取引を行うには、本人確認を必ず行わなければなりません

bitFlyerに口座開設をするときに、本人確認書類の提出を求められるので、「本人確認で利用できる書類まとめ」を参考に本人確認書類を準備しておきましょう。

メールアドレスや個人情報の登録だけでは口座開設できないのでご注意ください。

「クイック本人確認」なら最短当日中に口座開設できる

bitFlyerに口座開設をするとき、「クイック本人確認」を選択すれば最短当日に口座を開設できます

「対面での本人確認」の場合、書類提出や審査、配達員の端末で照会などで早くても1週間程度かかってしまいます。

一方、bitFlyerの「クイック本人確認」の手順は以下の通りです。

  1. 本人確認書類と顔写真をスマホで撮影し、入力情報と一致すれば本人確認完了
  2. bitFlyerが審査
  3. 通過すれば取引開始

このように、配達員の到着を待つ必要がないため、手続きに問題がなければ最短で当日中に口座開設が完了します。

少しでも早く取引を開始したい場合には、「クイック本人確認」で手続きを行いましょう。

本人確認で利用できる書類まとめ

本人確認書類一覧
  • 運転免許証(表面+裏面)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • パスポート(「顔写真ページ」+「所持人記入欄」)
  • 在留カード(表面+裏面)

bitFlyerの本人確認で利用できる書類は上記の通りです。

これを参考に、用意できる本人確認書類を把握しておきましょう。

ただし、「クイック本人確認」ではパスポートは利用できず、「対面での本人確認」では在留カードが利用できないのでそれぞれ注意してください

本人確認の進め方は、「クイック本人確認」の手順解説と、「対面での本人確認」の手順解説で説明するのでチェックしてくださいね。

bitFlyerの「クイック本人確認」の手順とかかる時間を解説!

bitflyerクイック本人確認

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の「クイック本人確認」の手順とかかる時間を詳しく解説します。

「クイック本人確認」ができると、最短で当日中に取引が始められるのでおすすめです。

簡単な作業なので、早速確認していきましょう!

「クイック本人確認」の手順

Step1 メールアドレスとパスワードを登録する

まずは、メールアドレスとパスワードを登録します。

bitFlyerのトップ画面でメールアドレスを入力し、「無料登録」ボタンをクリックしてください。

すると、入力したメールアドレス宛にbitFlyerから確認メールが届くので、記載されているURLから手続きを進めましょう。

続いて、パスワードを設定し、同意事項をチェックして次へ進んでくださいね。

パスワードは他人に推測されないものを設定しましょう。

Step2 二段階認証をする

次に、bitFlyerでの二段階認証の設定を完了させます。

セキュリティの面から、「携帯電話のSMSで受け取る」または「認証アプリを使う」の方法がおすすめです。

「携帯電話のSMSで受け取る」を選択した場合は、携帯電話の番号を登録、SMSを受け取ることで完了となります。

「認証アプリを使う」を選択した場合は、スマートフォンに認証アプリをダウンロードし、設定すれば完了です。

Step3 本人情報を入力し、「クイック本人確認」を選択する

二段階認証の設定が完了すると、このような画面になるので、「ご本人確認の手続きをする」をクリックします。

基本情報を入力する画面が表示されるので、名前、生年月日、住所、電話番号などを間違えないように入力しましょう。

本人確認資料の提出方法を選択する画面になるので、「クイック本人確認」をクリックします。

QRコードが表示されるので、スマートフォンで読み込んで手続きを進めましょう。

Step4 本人確認書類と顔写真を撮影する

QRコードを読み込むとこのような画面が表示されるので、用意できる本人確認書類を選択してくださいね。

指示に従って、本人確認書類や顔写真などを撮影していきます。

撮影したものは文字などがはっきりと写っていることを確認してから提出しましょう。

手続きがスムーズに進めば、当日中にbitFlyerから連絡があり、取引が始められます

bitFlyerの「対面での本人確認」の手順とかかる時間を解説!

bitflyer 対面本人確認

次に、bitFlyer(ビットフライヤー)の「対面での本人確認」の手順とかかる時間を解説します。

パスポートで本人確認をしたい方や、パソコンだけで本人確認を済ませたい方に向いている方法です。

郵便物を受け取るとき、配達員の方とのやり取りが発生しますが、難しい作業はないので順番に見ていきましょう!

「対面での本人確認」の手順

Step1 本人情報を入力し、「対面での本人確認」を選択する

二段階認証の設定までは、クイック本人確認と同じです。

設定完了後、基本情報を入力する画面が表示されるので、名前、生年月日、住所、電話番号などを間違えないように入力しましょう。

本人確認資料の提出方法を選択する画面になるので、「対面での本人確認」をクリックします。

本人確認に使う書類を選び、配達の希望の時間帯を選択します。

早ければ2~3日ほどでbitFlyerから郵便物が届きますよ。

Step2 佐川急便の配達員の端末で本人確認を照合してもらう

配達に来た佐川急便の配達員に、事前に選択していた本人確認書類を提示します。

情報を照会して一致すれば、bitFlyerの本人確認は完了です。

郵便物を受け取って2~3日後から、取引が始められます。

【本人確認できない不備とは?】bitFlyerでの本人確認のときに気を付けておきたいポイントを紹介!

bitflyer本人確認不備

ここまでで、bitFlyer(ビットフライヤー)での本人確認手順がわかったと思います。

本人確認は不備があると、再提出などの手間や時間ががかかるかもしれません。

そうならないように、ここでは、本人確認を行うときに気を付けておきたいポイントを解説するので、チェックしておきましょう!

本人確認で気をつけたいポイント

本人情報の入力ミスに気を付ける

bitFlyerでは、口座開設するとき氏名や住所などの本人情報の入力を求められます。

この入力した情報にミスがあると、口座開設できないことがあります。

本人確認書類に記載してある情報と相違がないように、確認しながら入力しましょう。

入力後の確認画面からでも変更できる
情報入力後、内容の確認画面が表示されます。この時点でもし入力ミスがあっても変更できるので、もう一度しっかり確認してくださいね。

本人確認書類の住所が最新のものになっているか確認する

bitFlyerに提出する本人確認書類は、最新の住所が記載されているものでなければなりません。

引越しなどで現住所が変わったのに、旧住所が記載されたままになっている場合、本人確認書類として認められません。

住所変更の手続きを済ませてから、口座開設の手続きを行いましょう。

「クイック本人確認」の場合、本人確認書類や顔写真が不鮮明だと再提出になることがある

bitFlyerの「クイック本人確認」で提出した本人確認書類や顔写真がはっきりと写っていなかった場合、再提出になることがあります

書類を持つ指で文字が隠れてしまっているものや、ぼやけてしまっているものは、きちんと情報を確認できません。

再提出になってしまわないように、撮影した画像が鮮明に写っていることを確認してから提出するようにしましょう。

「対面での本人確認」の場合、自宅以外での受け取りや本人以外の受け取りはできない

bitFlyerの「対面での本人確認」では、郵便物を自宅以外で受け取ったり、本人以外が受け取ったりすることはできません

「対面での本人確認」は、その場で配達員の端末に本人確認書類の情報を入力し、照会することで本人確認を行います。

そのため、自宅の住所が正しいか、口座開設しようとしている本人かどうかが重要です。

郵便物を受け取るのが難しい場合は、「クイック本人確認」での手続きを行いましょう。

不在で受け取れなくても再配達してもらえる
bitFlyerからの郵便物を受け取れなくても、投函されている不在票があれば再配達してもらえます。保管期限までに都合のいい日時で再配達を依頼して、本人確認を完了させましょう。

まとめ

ビットフライヤー

この記事では、bitFlyerでの本人確認手順や、気をつけておきたいポイントについて解説しました。

難しい作業はなく、きちんと書類を用意して手順に従って進めると、スムーズに本人確認が完了するとわかりましたね。

特に「クイック本人確認」を選択すれば、口座開設が最短当日中に完了するのでおすすめです。

仮想通貨の取引を楽しむために、bitFlyerで本人確認を済ませて口座を開設しましょう!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事