中国の裁判所がBTC(ビットコイン)などの仮想通貨を法律上保護されるべき財産と認める
   公開日 : 2018/10/29

中国の裁判所がBTC(ビットコイン)などの仮想通貨を法律上保護されるべき財産と認める

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

中国広東省深圳国際仲裁院は25日、BTC(ビットコイン)などの仮想通貨を財産と認め、法律上保護されるものと判断したことが分かりました。

公表された情報によると、仮想通貨BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、BCD(ビットコインダイヤモンド)が絡むトラブルにおいて、現在中国ではビットコインにおける明確な法律が定められていないため、現行の民法を適用し、仮想通貨を財産と判断したといいます。

また、BTC(ビットコイン)についてはその経済的価値も認めたことが分かっています。

裁判所は、仮想通貨は法定通貨ではないとしつつも、現行法においては仮想通貨の個人間の交付などを禁止するものは存在しないと説明しました。

先月には、上海の裁判所でETH(イーサリアム)を財産と認める判決が下されており、徐々に仮想通貨が法律上保護されるべき利益として認められてきています。

記事ソース:深圳国际仲裁院

ぼにふぁ
マイニングや市場での取引は厳しい中国ですが、財産としては徐々に認められてきていますね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事