世界初のビットコインATMが設置されてからはや5年、日本ではあまり見かけない印象ですが、世界における仮想通貨対応のATM台数はうなぎのぼりです。

そんな中、世界中のビットコインATMの場所を検索することができる「Coin ATM Radar」というウェブサービスが登場しています。

今回はこのウェブサービスの使い方を解説していきます!

また、同サービスを活用した以下の記事もあわせてご覧ください!

「Coin ATM Radar」

今回紹介するのは「Coin ATM Radar」というウェブサービス。

こちらのウェブサービスでは普及が進むビットコインATMの設置場所を検索することができます

トップページにアクセスすると上の画像のように様々な数字が表示されていますが、それぞれの項目は以下の通りになります。

  • Bitcoin ATMs:全世界のビットコインATM設置台数
  • Other services:ビットコインから現金への両替・取引サービスを提供しているその他プロバイダー数
  • Countries:ビットコインATM普及国数
  • Producers:ビットコインATM製造企業・メーカー数
  • Operators:オペレーター数

ビットコインATMの場所や詳細を検索する

その下に位置する地図では、左上の検索スペースより指定した場所におけるビットコインATMの設置場所を検索できます。

さらに、位置情報を使用することによって最寄りのビットコインATMを検索することも可能です。

左下の各項目を選択することで、検索条件の絞り込みをすることもできます。

試しに世界初のビットコインATMが設置されたカナダのバンクーバーを検索してみましょう。

検索結果はこのように表示され、ピンが表示されている場所にビットコインATMがあります。

アイコンに数字で表示されている場所は、近い位置に表示数のATMが複数位置しているので、地図を拡大することで詳細な位置を確認できます。

また、ピンをクリックすることでATMの詳細情報を確認できます。

設置住所、利用可能時間帯、取扱通貨、取扱取引、現在の売値・買値、取引上限額、ATMのタイプ等が確認できます。

「View listing」をクリックすることでさらに詳細なATM情報、「Get directions」をクリックすると現在位置から該当ATMまでの行き方を表示してくれます。

Daichi
地図と検索は日本語表示に対応しているので、基本的な機能は問題なく使えそうです!

ビットコインATMの普及情報を確認する

Coin ATM Radarでは単にビットコインATMの場所を検索するだけではなく、右上のメニューより世界中のビットコインATMの普及に関する統計データやその他様々な情報を閲覧することができます

すべて解説するには多すぎるので、以下では特に興味深いものを紹介します。

 

世界中のビットコインATM普及状況の統計データ

右上のメニューより More > Charts と選択して閲覧することができます。

こちらは全世界のビットコインATM数の推移です。

2016年から普及が徐々に加速し、2017年以降はものすごい勢いで増加しているのがわかります。

チャート上にマウスを合わせることで、それぞれの時期の詳細な数字を確認できます。

こちらは一日で設置されるビットコインATMの平均台数。

執筆当時の数値は一日につき平均7.58台と、普及の勢いが見て取れます。

大陸別の設置台数が全体に占める割合を示しています。

北米が74%、ヨーロッパが21%と、北米と欧州が大部分を占めています。

こちらは国別の設置台数比較。

北米が1位で1,961台、次いでカナダが503台、3位はオーストリアで197台と続きます。

掲載されている統計は他にも数多く、日本国内ではなかなか感じることのできないビットコインATMの盛り上がりを数字で知ることができます

ビットコインATMの製造企業・メーカーの情報や、現金とビットコインの両替・取引サービスを提供するプロバイダーリストなど、他にも様々な情報を閲覧できます。

まとめ

以上、簡単ではありますがCoin ATM Radarの概要と使い方でした。

ビットコインATMの日本での普及はまだまだこれからですが、海外での盛り上がりを地図で視覚的に、またチャートで統計的に体感することができるウェブサービスです。

また、日本でのビットコインATMの普及度、どこで利用できるかなどを知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

Daichi
スマホ用アプリもあるようなのでチェックしてみてください