米大手取引所Coinbase、IEOやSTO事業参入を視野に
2019/09/12

米大手取引所Coinbase、IEOやSTO事業参入を視野に

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

米国の大手取引所・Coinbase(コインベース)が、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)セキュリティ・トークン・オファリング(STO)事業への参入を検討していることがわかりました。

同社でアジア機関向け販売部門のトップを務めるKayvon Pirestani氏は、今日開催されている「Invest: Asia」カンファレンスで、今年に入り流行しているIEOについて言及しました。

同氏はIEO事業を良い機会と見ているとした上で、STO事業の参入も視野に入れていると述べました。しかし、公式な声明は未だ出せない状況にあるといいます。

一方日本国内では、8月にコインチェックがIEO事業への参入を検討していることを明らかにしています

記事ソース: Coindesk

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事