米大手取引所Coinbase、IEOやSTO事業参入を視野に
   公開日 : 2019/09/12

米大手取引所Coinbase、IEOやSTO事業参入を視野に

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

ct analysis

米国の大手取引所・Coinbase(コインベース)が、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)セキュリティ・トークン・オファリング(STO)事業への参入を検討していることがわかりました。

同社でアジア機関向け販売部門のトップを務めるKayvon Pirestani氏は、今日開催されている「Invest: Asia」カンファレンスで、今年に入り流行しているIEOについて言及しました。

同氏はIEO事業を良い機会と見ているとした上で、STO事業の参入も視野に入れていると述べました。しかし、公式な声明は未だ出せない状況にあるといいます。

一方日本国内では、8月にコインチェックがIEO事業への参入を検討していることを明らかにしています

記事ソース: Coindesk

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事