Coincheckの再開は8月を目処

マネックスグループの社長兼CEOである松本大社長は27日に行われた決算説明会で「コインチェックのサービスは8月を目安に本格再開したい」と発言したことが分かりました。

Coincheck(コインチェック)は金融庁からの業務改善命令を受けて、現在新規ユーザーの登録など一部機能を制限しています。

マネックスグループは今年の4月に日本の仮想通貨取引所であるCoinchek(コインチェック)を買収し、買収の際には「6月をめどに再開する」と発表されていました。

松本氏は金融庁から出された業務改善命令に対して「しっかりと対応を進めている」と語っていますが、前回の発言が実現されなかったこともあり一部ユーザーからは懐疑的な声も上がっています。

先日、bitFlyerなどを含む国内の仮想通貨取引所5社に対して業務改善命令も出ており、コインチェックへの金融庁の対応の時期がいつ頃になるかは未定とされています。

マネックスはコインチェックの米仮想通貨業界参入も予定しており、今後の動向に注目が集まります。

記事ソース元:jp.reutersマネックス株式会社

ゆっし
G20も無事終わったし、これから本腰入れて国内の取引所は成長していくかな?