Ethereumのコンスタンティノープル延期によりチェーンスプリットなどの混乱が発生
   公開日 : 2019/01/19

Ethereumのコンスタンティノープル延期によりチェーンスプリットなどの混乱が発生

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Ethereumは今月16日に予定されていたアップデート「コンスタンティノープル(Constantinople)」をセキュリティ上の理由から延期しました。

この事態を受け、一部のマイナー間でチェーンスプリットなどの混乱が生じているようです。

MyCryptoのMichael Hahn氏はReddit上で「アップデートは予定時刻の30時間前に延期された事から、チェーンスプリットは予想できた事態だ。デベロッパーチームは全てのマイニング関係者に連絡する十分な時間がなかった。」とコメントしています。

現在、マイナーの10%ほどが誤ってアップグレードされたチェーンでマイニングを行なっていると推測されています。

Trust Nodesによれば、今回のような混乱は仮想通貨界隈では緊急事態ではないものの、この問題が収束するまでEthereum上でのトランザクション生成を避けるように忠告しています。

今回の混乱の主な原因としては、アップデート延期の情報が様々な言語で拡散されるには数日間の時間が必要だったという点だと考えられます。

このような偶発的なフォークは分散型システムを採用している仮想通貨のデメリットを象徴しているとも言えるでしょう。

記事ソース: Reddit, Trust Nodes

kaz
30時間前はいくらなんでもチャレンジャーすぎる…
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事