暗号資産市場がまたもや大下落 $XRPは上方に軌道修正か
   公開日 : 2018/11/20

暗号資産市場がまたもや大下落 $XRPは上方に軌道修正か

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

ct analysis

今月15日に大きな下落を見せた暗号資産市場が、19日午後1時半ごろから再度下落しています。

ビットコイン($BTC)は記事執筆時点(日本時間20日午前1時半)の24時間比で約9%減の5120米ドルイーサリアム($ETH)約12%減の154ドルとなっています。

CoinMarketCapによるデータでは、市場全体の時価総額も約960億ドルから900億ドル付近にまで落ちています。

過去7日間の価格推移: BTC(緑色)、市場時価総額(青色)、下部は取引量の推移 | CoinMarketCapより

15日の大下落から徐々に減少していた取引量は再度、17日はじめ相当にまで増加しており、今後も売り逃げや安値での買いを考える投資家からの注文が殺到するものと考えられます。

15日から価格の順調な回復を見せたRipple(リップル)XRPは、他の通貨とともに下落したのち上方への軌道修正を見せ、現時点では約4%減の50セント付近に位置しています。

各種米ドルステーブルコインは0.99~1.02ドル付近を保っており、True USD($TUSD)を除く銘柄は比較的安定した値動きを見せています。

Tether(テザー/$USDT)0.99ドルUSD Coin($USDC)およびPaxos Standard($PAX)1.01ドル、TUSDは今回の下落とともに1.03ドルまで上昇したのちに1.02ドルまで戻っています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事