エミネム&スヌープ・ドッグ、BAYCモチーフの楽曲パフォーマンスを世界初披露
   公開日 : 2022/08/26

エミネム&スヌープ・ドッグ、BAYCモチーフの楽曲パフォーマンスを世界初披露

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

エミネムとスヌープ・ドッグが、NFTシリーズ「BAYC」をモチーフした楽曲『From The D 2 The LBC』を現地時間8月28日のMTVでライブパフォーマンスを初披露します。

自身もBAYCホルダーであるエミネムとスヌープ・ドッグは今年6月、各々が保有するNFTがミュージックビデオに登場する楽曲を公開。記事執筆時点でYoutubeの動画再生回数は4600万回を超えています。

先日、世界最大級のダンスミュージックフェスTomorrowlandでは、Ape Rave Clubと呼ばれる名義で活動し、BAYC関連の楽曲を提供していたアーティストがBAYCのマスクを被った状態でDJパフォーマンスを行いました。

関連:BAYCのマスクを被ったDJがTomorrowlandに出演

宇多田ヒカルへの楽曲提供や、グラミー賞の受賞経験も持つ音楽プロデューサーのティンバランドはメタバース向けの音楽等を開発するエンタメ企業兼プラットフォーム「Ape-InPoductions(以下:AIP)」を設立。

その中で同氏は、BAYCのキャラクターをメンバーに見立てたバーチャルヒップホップグループ「TheZoo」を立ち上げ、今年3月には楽曲『ApeSh!t 』をリリースしています。

既存の著名アーティストによるBAYCの活用事例が近年増加傾向にあります。BAYCを手掛けるYuga Labsは、Othersideと呼ばれる新たなメタバースプロジェクトも始動させており、今後の動向に注目です。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事