こんにちは、(アメリカの新年度は9月だけど)5月病に悩まされがちなkaz(@kazukino11111)です。

前回「仮想通貨の情報集めのコツをつかもう!」という記事でもご紹介しましたが、みなさん仮想通貨の情報収集はどのように行なっているでしょうか?

最近は仮想通貨のニュースサイトもブームに伴って増えてきており、一つ一つのサイトを毎日確認するだけでも膨大な手間と時間を取られてしまいます。

しかし、今回紹介するFeedly(フィードリー)というサービスはそういった手間や時間を大幅に削減できるんです。

Feedlyとは?

RSS

Feedlyは非常にざっくり説明すると、「RSSリーダー」と呼ばれるアプリケーションのうちの一つです。

よくウェブサイトやブログで見かけるRSSボタンから登録をすると、記事の更新が通知され、それらをまとめて確認できるというサービスになります。

アプリはiOSやAndroid、Chorme等のWebブラウザでも使うことができるので端末との互換性を気にする必要はありません

Feedlyの使い方

アプリをダウンロードする

iOS、Androidそれぞれの端末に合ったアプリを以下からダウンロードします。

iOS – iTunes

Android – Google Play

最初にアプリをインストールした際にはGoogleやFacebookのアカウントでのログインが求められるので好きなアカウントを使ってログインしましょう

ちなみに同じアカウントでログインすれば他の端末でも設定を引き継ぐことができます

ウェブサイトを登録する

まずは、自分が普段チェックしているブログやニュースサイトを登録しましょう「Add Your First Source」もしくは右上の検索マークを選択して、キーワードからウェブサイトを検索します。

feedly1

Pick a site or blog you love to read
お気に入りのウェブサイトを選ぼう
Create Your Feedly
自分のFeedlyを作る

キーワードはウェブサイトのタイトルに含まれているものや、関連性のあるキーワードで検索しましょう。

登録したいウェブサイトが見つかったら+マークをタップして登録完了です。

feedly2

新着記事を確認する

ウェブサイトを登録したら、そのサイトからの新着記事が表示されるようになると思います。ここから読みたい記事を選択すると、内容が見れます

feedly3

また、記事の最下部からウェブサイトに飛んだり、SNSでシェアしたりすることもできます

feedly4

知っておくと便利なFeedlyの機能

ジャンルごと分けてサイトを確認することができる

Feedlyではウェブサイトをジャンル別に登録することができるので、仮想通貨に限らず、他の情報も手軽にチェックすることができます

新しいカテゴリを作成したい場合はメニューを開いて、「ADD CONTENT」を選択します。

feedly5

記事の表示方法を変えられる

初期設定のままだと記事は一ページに複数個表示されます。しかし、一ページに一記事だけ表示させたいという方もいることでしょう。

そんな時は右上のボタンから記事の表示方法を変更することができます

Refresh
更新
Mark As Read
既読としてマーク
Oldest Stories First
古い記事が上に来るように並べ換える
Shoe All Stories
全ての記事を表示
Open Webpage Directly
Webページを直接開く

他にもこのメニューから更新をしたり、記事を既読にすることも可能です。

まとめ

Feedlyを使えば普段チェックしているニュースサイトやブログの記事を一気にチェックすることができ、大幅に時間を節約できます。

もちろん他のジャンルのウェブサイトも登録できるのでこれを機にFeedlyを始めてみてはいかがでしょうか?

kaz
サイトの垣根なく記事をシームレスにチェックできるのは本当に便利