フランス、仮想通貨間の取引を課税対象外とする方針へ
   公開日 : 2019/09/13

フランス、仮想通貨間の取引を課税対象外とする方針へ

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

フランスのBruno Le Maire経済大臣は12日、同国内での暗号資産間の取引は課税対象外とすると発表しました。

暗号資産の取引によって発生する収益は、法定通貨などに換金された場合のみ課税対象とする方針で、付加価値税(VAT)は暗号資産を使ってモノやサービスを購入した時に発生することになります。

フランスは暗号資産の取り扱いに積極的な姿勢を示してきた国のひとつです。今年7月には、首都パリで8億円相当の不動産物件の所有権がトークン化されたことが話題になりました。

(↓フランスのブロックチェーン業界事情↓)
フランスの大手投資銀行ソシエテ・ジェネラルがEthereum上で債権を発行 – CRYPTO TIMES
ユニセフ・フランスが仮想通貨による寄付の受付を開始 – CRYPTO TIMES
フランスが規制法案を可決、仮想通貨ICO合法化へ – CRYPTO TIMES

記事ソース: Bloomberg Tax

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事