「PoSのイーサリアムに追随する」FTXが正式コメントを発表
   公開日 : 2022/08/09

「PoSのイーサリアムに追随する」FTXが正式コメントを発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号資産取引所FTXが年内に実施される予定のEthereumのアップグレード「The Merge」についてのコメントを公式HPに掲載しました。

FTXは公式ページで、Mergeが行われる前にETHの先物の停止や決済を行う予定はないとし、Ethereumの先物及び永久契約(ETH-0930、ETH-1230、ETH-PERP)は、Merge後にPoS(プルーフオブステーク)のEthereumに追随するとしています。

現行のPoWからPoSへと移行するThe Mergeですが、一部マイナーやユーザーの中でPoWを維持し、ハードフォークを推進する動きが取られています。

仮にハードフォークが行われた場合、ETHからETHWとETHS(仮称)の2つのトークンが誕生する可能性があり、両チェーン上のNFTの扱いなど様々な角度から懸念や期待が上がっています。

Ethereum創設者のヴィタリック・ブテリン氏は、上記の動きに関して「手っ取り早くお金を稼ごうとしているだけ」と批判。オラクルネットワークのChainlinkもフォークしたEthereumをサポートしない旨を発表しています。

上記に対して、Tron創設者のジャスティン・サン氏率いる暗号資産取引所Poloniexでは、ハードフォークに関して全面的にサポートを行うと発表するなど、業界内でもThe Mergeに関する対応について方針が異なっています。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事