Givenchy(ジバンシィ)アパレル購入でデジタルファッションNFTを提供
   公開日 : 2022/11/22

Givenchy(ジバンシィ)アパレル購入でデジタルファッションNFTを提供

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

LVMHグループである、 Givenchy(ジバンシィ)がアパレル購入でデジタルファッションNFTの提供を11月19日に発表しました。

現在、Givenchy(ジバンシィ)で販売されているBSTROY x Givenchyの該当するアパレルアイテムを購入することで、デジタルファッションNFTが提供されるとのことです。

NFTは、アパレルアイテムを購入してから7日後にClaimできる仕様となっています。受け取りには、メタマスク等のウォレットアプリケーションが必要になります。

関連:MetaMask(メタマスク)の使い方まとめ!

今回のアパレルコレクションは、日本のウェブサイトでは拝見することができませんでした。USのウェブサイトで確認する必要がありますので、日本から購入できるのかは不明となっています。

OpenSeaの方では、既にNFTコレクションの公開はされていますので、こちらをご覧ください。

BSTROY x Givenchy by Felt Zine

まだ二次流通の販売等は行われていませんので、ボリュームなどは一切ありません。アパレルアイテムを購入してClaimしたユーザーがどのような市場を形成していくのか?また、他のユーザーからのオファーがどのような価格でされていくのか注目したいところです。

LVMHグループでは、RTFKTとRIMOWAがコラボレーションを行っています。こちらのNFTは人気で即完売していました。LVMH系のブランドが少しづつNFT業界に参入してきていることがわかります。

関連:RTFKTとLVMHグループの「RIMOWA」コラボの詳細発表

ハイブランド系のまとめ記事もCryptoTimesで公開していますので、こちらも併せてご覧ください。

記事ソース:Givenchy TwitterHypemoon

画像:freemind-production / Shutterstock.com

 

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事