IOSTがメインネットローンチ1周年祝賀に関して重要なお知らせ
   公開日 : 2020/02/28

IOSTがメインネットローンチ1周年祝賀に関して重要なお知らせ

Suzuki

Suzuki

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

IOSTのメインネットのリリースから一年が経過しました。2019年2月25日にローンチされて以来、IOSTは順調に発展を続けてきました。

現在、IOSTは世界中の50万以上のコミュニティメンバーを擁し、約20の国々に市場を展開し、400位上のパートナーノードを有しています。更に、40億以上のステーキングがIOSTメインネットで行われ、インデックス内で世界No.1のステーキング経済を構築しています。

実装に関しても、IOSTはドローン業界のグローバルリーダーであるEHang、日本政府、日本最大の国営発電所、伝統的なゲームパブリッシャー、トップレベルのブロックチェーンゲームチームと複数の綿密な協力関係にあります。

また、コンプライアンスの観点でいうとIOSTは中国で初めてCCTVやGreat Hall of the Peopleに招待されスピーチを行った最初のパブリックチェーンとなっています。

さらにインドネシアのBAPPEBTIがインドネシアのブロックチェーンテクノロジーコンサルタントとしてIOSTを招待しました。

本来であれば、メインネット1周年記念のセレモニーを開催予定でしたが、今回、コロナウイルスの影響を受け、実施を予定していた1周年記念セレモニーは3月中旬に延期される予定となっています。その後、1周年を記念して、コミュニティメンバーを対象にIOSTメインネットオンラインアニバーサリー企画を実施します。

関連記事 : IOSTインタビュー ブロックチェーンブーム再到来の中国で次のステップは? – CRYPTO TIMES

記事ソース:the Medium

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事