韓国、デジタルIDにブロックチェーン導入 | 4500万人への普及目指す
   公開日 : 2022/10/17

韓国、デジタルIDにブロックチェーン導入 | 4500万人への普及目指す

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

韓国でブロックチェーン技術を利用したデジタルIDの提供が計画されているとBloombergが報じました。

現在、韓国では「住民登録カード」が本人確認として利用されており、国民一人一人に割り振られている番号が医療制度等に結び付けられています。

上記の施策では、住民登録カードのIDをアプリで管理可能にし、施策開始予定の2024年から2年以内に4500万人に国民への普及を目指すとしています。

韓国科学技術政策研究院のエコノミスト、ファン・ソグォン氏は下記コメントを出しています。

“「デジタルIDは金融、医療、税金、交通などの分野で大きな経済効果をもたらし、韓国の人々の間で急速に普及する可能性がある。しかし、危険性が利点を上回らないように、技術的にもっとリスク評価をしなければならない。- 引用元:Bloomberg」”

上記計画では、分散型ID(DID)の技術を利用するため政府が個人のデジタルIDの使用状況の詳細にアクセスできない仕組みとなるとしています。

韓国の現大統領ユン・ソンニョル(尹錫悦)氏は、大統領選挙前には暗号通貨投資家が自信を持って投資できるような環境の作成を政策に組みこむと発表

韓国政府は今年7月、2023年1月1日から施行予定であった暗号資産に対する課税をLUNAの価格暴落事例などを理由に2年間延長する方針を示すなど、国内の投資家保護に関する取組みを行なっています。

記事ソース:Bloomberg

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事