韓国主要取引所、イーサリアム「マージ」への対応案まもなく公開か
   公開日 : 2022/09/05

韓国主要取引所、イーサリアム「マージ」への対応案まもなく公開か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

韓国の主要取引所(Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit、Gopax)で構成されたデジタル資産取引所合同委員会DAXAが、イーサリアムのアップデート「ザ・マージ (The Merge)」への対応案を出すことが分かりました。

各取引所CEOで構成されたDAXA | 画像引用元:The Korea Times

現地メディアの報道によると、DAXAはマージ後に発生する可能性のあるハードフォークと$ETHW(PoWのETH)の取り扱いについて団体設立後初めて立場を表明する方針としています。

現行のPoWからPoSに移行するアップデートであるザ・マージでは、PoWの継続を望むユーザーによりハードフォークが行われる可能性があり、仮に実施された場合、$ETHやイーサリアム上で発行されているERC20トークンが新たに誕生します。

韓国の中小取引所GDACは「ハードフォーク勢力を支持するわけではなく、投資家保護の側面で支援する」としながら$ETHWのサポートを行い、ERC20トークン(PoW)を含むエアドロップを行うと発表。ハードフォーク実施後は、サイト上の切り替えボタンを介してERC20PoS⇆ERC20PoWの表示を変更できる仕組みを導入するとしています。

CoinoneとBithumbの取引所データ | 画像引用元:CoinMaerketCap

直近24時間で約860億円の取引高を記録している「Upbit」は、Decenterの取材に対して「エアドロップに関しては決まっておらず明らかにしにくい。顧客資産に損失が生じないよう努力する。」とコメント。(一部要約)

約6500億円の取引高(24h)を誇る「Bithumb」は、マージによる上場手続きについて、担当部署で適切な対応方案の議論を現在行なっておりエアドロップの支給も検討しているとしています。

先日、OpenSeaはマージ実施後のPoWのERCトークン(NFT)の取り扱わないことを公式発表しました。

関連:「PoWのNFTはサポートしない」マージに関してOpenSeaが公式発表

韓国現大統領ユン・ソンニョル(尹錫悦)氏は、暗号通貨投資家が自信を持って投資できるような環境の作成を政策に組みこむと選挙前に発表し、人気グループBTSは、Decentralandでミュージックイベントの鑑賞会を開催するなど、政府、民間企業共に暗号資産・ブロックチェーン業界への関心が高い韓国国内でのザ・マージへの対応に注目が集まります。

記事ソース:Decenter

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事