LINEのBITMAXが最大年率約12%で固定期間型の暗号資産貸し出しサービスを開始
   公開日 : 2020/12/03

LINEのBITMAXが最大年率約12%で固定期間型の暗号資産貸し出しサービスを開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて12月3日より暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始します。

​暗号資産貸出サービスは、ユーザーが保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができるサービスです。

暗号資産貸出サービスの「固定期間型」は、LINEの独自暗号資産「LINK」を対象とし、30日間・60日間・90日間の3種類のプランから貸付期間を選択し、最大で年率12%程度の貸借料を「LINK」で受け取ることができます。

BITMAXは以前、ユーザーが保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができる暗号資産貸出サービスの提供を開始しています

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事