LINEが新プロジェクト 「LINE Token Economy」と取引所「BITBOX」の始動を発表!
   公開日 : 2018/06/29

LINEが新プロジェクト 「LINE Token Economy」と取引所「BITBOX」の始動を発表!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。Twitter:@cryptoyusshi

ct analysis

6月28日に開催されているLINE conferenceは「リデザイン」がテーマとなっており、LINEはこれまでのコンテンツやサービスと利用者の関係をリデザインすること目標としていました。

その中で新プロジェクト「LINE Token Economy」仮想通貨取引所「BITBOX」の設立が発表されました。

新プロジェクトと新仮想通貨取引所

今回、ConferenceでLINEが発表したのは以下の2つになります。

LINE Token Economy

新プロジェクトLINE Token Economyはサービスとユーザーの関係をリデザインすることで「提供者」と「利用者」という関係を新たなものにするプロジェクトのようです。

そのための具体的な内容としてLINE独自トークンを発行することで、サービス貢献者に対してトークンを発行するような仕組みを考えているようです。

LINEは現在、「アンブロック」、「アンチェーン」、「ブロックチェーンラボ」など3つの開発組織が存在しており、DAppsの開発やトークンエコノミーの推進の動きを進めてきています。(すべてブロックチェーン事業に関わる)

今回の講演によると、「LINE Token Economy」プロジェクトはアンブロックでブロックチェーンを使った計画を練り、アンチェーンで実行し、ブロックチェーンラボでさらに技術開発を進めるようです。

BITBOX

また、今回新たに設立されることになった取引所BITBOX」日本・米国を除いた全世界での展開を目指す予定のようです。

対応通貨はビットコインやイーサリアムなど、30種類の通貨を取り扱う模様です。

記事ソース元:GIMODOinfoseek

ゆっし
LINE一気にきたねー!最近ブロックチェーン関連の子会社を沢山設立してたと思ったら、、、笑
ゆっし
でも、取引所に関しては日本「以外」か、、、日本は面倒だもんね今、、

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事