柴犬コイン ( $SHIB )を発行するShibariumがマニー・パッキャオ団体と提携
   公開日 : 2023/11/16

柴犬コイン ( $SHIB )を発行するShibariumがマニー・パッキャオ団体と提携

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

フィリピンのボクシング伝説であるマニー・パッキャオ氏が設立したマニー・パッキャオ財団(MPF)が、暗号通貨シバイヌコインを発行するシバリウムと提携を発表しました。この提携により、MPFはその慈善活動の影響力をさらに拡大することが期待されています。

今回の発表はWebマガジン「The Shib」の中で発表が行われました。

MPFは、マニー氏とその妻ジンキー氏によって共同設立され、世界中の貧困層への支援を目指しています。マニー氏は自身のキャリア収入の3分の1を慈善活動に寄付し、住宅プロジェクト、医療ミッション、救援活動など、多岐にわたる取り組みを行ってきました。

特に注目すべきは、#GirlsGotThisプロジェクトです。このプロジェクトは、若い女の子の教育と性的虐待の被害者のリハビリテーションのために53万ドルを調達することを目指しています。また、MPFはダナ・ホワイト(UFC社長)、ジャック・マー(アリババ創業者)、ダスティン・ポワリエ(UFCチャンピオン)などの著名人と協力し、その影響力を拡大しています。

さらに、MPFはシバリウムとの提携を通じて、暗号通貨の寄付を活用することで、そのアウトリーチと透明性を高めています。

マニー氏は、SHIBチームの透明性と精神がMPFの価値観と強く共鳴すると語っており、今後の協力関係に大きな期待が寄せられています。$Shibホルダーは、MPFのバリデーターを通じてトークンをステーキングすることができるほか、MPFのシバウォレットを通じて直接暗号通貨の寄付を行うことも可能になっています。

関連記事 : 今さら聞けない「柴犬コイン(Shiba Inu/$SHIB)」とは?将来性を徹底解説

記事ソース : The Shib

okcoin japan 720

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事