Sotheby’s(サザビーズ)でNFT専用オークション開催予定
   公開日 : 2021/05/19

Sotheby’s(サザビーズ)でNFT専用オークション開催予定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ニューヨークに本部がある、世界最古のオークション会社Sotheby’sでNFT専用オークションが6月から開催される予定です。

6月の専用オークションでは、デジタルアーティストのPak氏と人気NFTであるCryptopunksなどが出品予定になっています。Pak氏が出品する作品はまだ発表されていません。

Pak氏Twitter

先日、有名オークションハウスのChristie’sで9つのCryptopunksが約18億4000万円で落札されました。これらのオークションで高値で落札が行われたばかりなので、Sotheby’sの6月のオークションでどれだけの価格がつくのか目が離せません。

関連:Cryptopunksが有名オークションハウスChristie’sで出品予定

サザビーズは2021年5月19日よりTwitter上で出品するNFTアーティストを選ぶコンテストを開催しています。コミュニティが世界的な舞台で紹介されるべきだと考えるNFTアーティストの推薦応募を受け付けています。

こちらの推薦応募では自分のことを推薦しても問題ないので、アーティストの方は上記のツイートを確認して申し込んでみてはいかがでしょうか。リクエストの方法はリプライにコメントをするだけで良く、期限は5月20日までとなっております。

推薦締め切り後にコミュニティから支持を受けているアーティストとサザビーズが交渉をして、オークションに出品するかが決まります。

オークション予定の作品はこちらのURLからラインナップを確認することができます。

上記で紹介したPak氏、Cryptopunksや世界的に有名DJ Don Diablo、日本人アーティストの池田亮司さんなどの作品がリストアップされています。

おそらく、今回のNFT専用オークションにより、富裕層やアートコレクターたちにNFTが完全浸透するのは秒読みとなってきました。

現物のアートとNFTのアートが共存する世界はもうすぐそこまで来ているかもしれません。

※アイキャッチ画像Shutterstock利用

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事