Opera「Crypto Browser」iOS版アプリ公開。日本居住者も利用可能
   公開日 : 2022/04/15

Opera「Crypto Browser」iOS版アプリ公開。日本居住者も利用可能

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ウェブブラウザのOperaが暗号通貨ウォレット機能やスワップ機能を搭載した「Opera Crypto Browser」のiOS版を公開しました。

アプリでは、Ethereum、Polygon、Celoなどのブロックチェーンがサポートされており、ユーザーはサードパーティのアプリを必要とせずに暗号通貨の購入や交換、管理が可能です。

上記に加えて、アプリから分散型取引所やブロックチェーンゲーム、その他dAppなどへのシームレスなアクセスも行えます。

また、広告やトラッカー、ポップアップのブロック機能も搭載されており、Web3上のセキュリティの向上も考慮されているとしています。

Operaのモバイル担当ヨルゲン・アルネセン氏は下記コメントを残しています。

“「Opera Crypto Browser プロジェクトは、メインストリームユーザーにとってしばしば困惑させられるWeb3のユーザー体験を簡素化するために構築されました。Operaは、Web3がその潜在能力を最大限に発揮し、大量に採用されるために、使いやすくなければならないと考えています。 – 引用元:Opera blogs」”

2018年からWeb3.0機能の実装を進めてきたOperaは昨年、提供中のOperaブラウザにSolanaのブロックチェーン統合を試みるなどさまざまな取り組みを行なってきました。

関連【2018年からWeb3.0】ブラウザ「Opera」、Solanaブロックチェーンを統合予定と発表

そんなOperaは今年1月、既存ブラウザとは別の暗号通貨に特化した「Opera Crypto Browser 」をWindows、Mac、Androidで公開。その後今回のiOS版のアプリが公開された流れとなりました。

Opera Crypto Browserは、現在日本居住者もApp Storeからダウンロードして利用可能です。

記事ソース:Opera blogs

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事