ポーランド最大手の取引所が国内銀行との提携廃止に伴いマルタへ移転
   公開日 : 2018/05/31

ポーランド最大手の取引所が国内銀行との提携廃止に伴いマルタへ移転

ユッシ@暗号通貨ドクターCRYPTO TIMES公式ライター

暗号通貨ドクター / 暗号通貨メディア『CRYPTO TIMES』(2018~2021) / 暗号通貨(主にPolkadot)の情報を発信します / 記事執筆数300以上 / Twitter:@cryptoyusshi

ポーランドの取引所BitBayがマルタ移転で再興目標

 

 

ポーランド最大手の仮想通貨取引所BitBay(ビットベイ)マルタ島へ拠点移動をする計画があることを昨日29日に発表しました。

移転の理由としてビットベイは「国内のすべての銀行がビットベイとの取引を停止したため」としています。

ビットベイによると、ポーランドでの仮想通貨取引所の事業は国内銀行の協力関係に大きく左右されるもののようです。

ビットベイと取引をしていた最後の銀行は、5月いっぱいでビットベイとの取引を停止し、それに伴いビットペイでの取引サービスも9月17日で全面停止するそうです。

9月18日以降はマルタでのビットベイアカウントを再度登録することで利用できるようとしています。(記事引用元:BitBay

BitBay取引量ランキング約60位のポーランド最大手の取引所。オランダに第2オフィスを構える。
取扱通貨は11種類で、基軸通貨はUSD(アメリカドル)、EUR(ユーロ)、PLN(ポーランドの通貨)、BTC(ビットコイン)の4つ。
ゆっし
日本で言うと「bitFlyerが国内のどこの銀行とも提携廃止になって、ユーザーは換金できなくなってしまうからマルタに拠点を移す」っていう感じかな。これは取引所としてはなかなかダメージが大きいね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事