Ripple(リップル)がサンフランシスコの低所得者支援団体に100万ドルの支援を発表
   公開日 : 2019/03/09

Ripple(リップル)がサンフランシスコの低所得者支援団体に100万ドルの支援を発表

NT【CRYPTO TIMES公式ライター】

NTCRYPTO TIMES公式ライター

草コイン(XP、PAC、EMB)に投資していたら9割損失していたタイプの人です。 仮想通貨よりもブロックチェーン技術の応用に関心を持っています。

Ripple社は「Ripple for Good」を通じ、非営利団体Tipping Point Communityに対し100万ドルの支援をしたことを発表しました。

「Ripple for Good」は教育や金融問題を解決し金融包摂の実現を目指すプロジェクトを支援するプログラムで、Ripple社が昨年9月に立ち上げました。

Tipping Point Communityはサンフランシスコ・ベイエリアに居住する低所得者の教育・雇用・住居を支援する非営利団体で、2005年に開始してから2億6千万ドルの支援をしてきました。

ベイエリアでは過去8年間で75万人の雇用が創出されましたが16万7千戸の住居しか無く、貧富格差の拡大が問題になっています。Ripple社はサンフランシスコに本社を構える企業としてこの問題を解決するために、Tipping Point Communityを支援することになりました。

支援内容としてTipping Point Communityに100万ドルの寄付、そしてRipple社の従業員がTipping Point Communityあるいはその他の団体に寄付をすると、同社が金額を2倍に上乗せして寄付を行います

今後もベイエリアを経済的に公平で包括的なものにするため、両社は協力してその方法を模索していきます。

記事ソース:Ripple Partners with Tipping Point to Improve Economic Mobility for Bay Area Workers and Families

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事