有名オークションハウスのSotheby’sがBorea Ape Yacht Clubのオークションを開催
   公開日 : 2021/08/31

有名オークションハウスのSotheby’sがBorea Ape Yacht Clubのオークションを開催

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

有名オークションハウスのSotheby’sがBorea Ape Yacht ClubとBored Ape Kennel Clubのオークションを開催することを発表しました。

  • オークション名:Ape in !
  • 商品1:BAYC 101セット(101 Bored Ape Yacht Club)
  • 商品2:BAKC 101セット(101 Bored Ape Kennel Club)
  • 期間:2021年9月2日 10:00 EDTから開始

Christie’sでもオークションを予定しているBored Ape Yacht Clubですが、Sotheby’sの方では101セットのNFTがオークションにかけられます。ここまで大量セットのNFTオークションは世界初だと思われますので、どんな価格になるのか注目です。

Sotheby’sのツイッターを見ると、通常より多くのリツイートをされているので、注目されていることがわかります。最早、NFTを購入することやオークションを開催することは、マーケティングにも繋がっていると感じられます。

Bored Ape Yacht Clubは、2021年に新規発行されたコレクティブルNFTですが、コミュニティの結束が強く徐々に知名度を上げてきました。CryptoPunksのように何年も前から存在しているNFTではないのですが、ここ最近のNFTブームにより人気を上げています。

Bored Ape Kennel Clubは、Bored Ape Yacht Clubを所有しているユーザーたちに配布された犬の見た目をしたNFTです。若干おまけ的な存在で、フリードロップされたものが価値がつき、Sotheby’sのオークションまで辿り着くことは誰もが予想していなかったことではないでしょうか。

今回のSotheby’sのオークションの結果が、またNFT業界に大きな影響を与えることは間違いないです。結果を楽しみに待ちましょう。

記事ソース:Ape in !

画像:shutterstock

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事