Sotheby’s(サザビーズ)「Pudgy Penguins」のNFTがオークション開催中
   公開日 : 2022/11/21

Sotheby’s(サザビーズ)「Pudgy Penguins」のNFTがオークション開催中

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

有名オークションハウス、Sotheby’s(サザビーズ)で「Pudgy Penguins」がオークション販売を開催しています。

オンラインのオークションが、11月18日~30日の2:00 PM(EST)の期間で開催されています。今回のために可愛らしいムービーも用意され、公開されています。(上記ツイート)

今回オークションにかけられているNFTは、以下のものになります。

  • #4609
  • #6615
  • #7625
  • #6344
  • #6170
  • #7315
  • #505
  • #7405
  • #329
  • #8074

現在(11月21日)入札されているもので、最も金額が高いNFTは、#4609の7,500 USDとなっています。まだ入札が入っていないNFTも存在しており、期間内にどのような形で購入されるのか注目です。

Snowed In: A Rare Pudgy Penguins Sale

今回のオークションでPudgy Penguin NFTの落札者に、Sotheby’sとPudgy Penguinsの特別なSoulbound Token(SBT)が提供される予定です。SBTは、NFTのメタデータに記録される証明書として機能し、NFTとは違い他のウォレットへの移転ができない形となっています。落札者は、基本的に永遠に残る記録として、トークンを受け取ることになります。

SBTに関しては、まだ活用しているプロジェクトは少ないです。Pudgy Penguinsは、NFTプロジェクトの中でも早い段階で活用をし始めています。プロジェクトやコミュニティにSBTが、どのような影響を今後もたらすのか、楽しみなところです。

SBTのビジュアルが公式Twitterより、解禁されました。落札者には、上記のようなSBTが配布される予定となっています。

CT Analysisの方で、SBTに関するレポートを配信していますので、こちらも併せてご覧ください。

画像、記事ソース:Snowed In: A Rare Pudgy Penguins Sale

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事