分散型投資プロトコル「Syndicate」の概要・特徴について解説 | a16z、スヌープ・ドッグらも出資
   公開日 : 2022/08/29

分散型投資プロトコル「Syndicate」の概要・特徴について解説 | a16z、スヌープ・ドッグらも出資

m_crypto

暗号資産の分析・執筆を行っています。 業界、投資家に貢献出来るようなコンテンツを製作していきます。

2022年5月3日、「投資を民主化する」を使命に掲げる分散型投資プロトコル「Syndicate」が600万ドルの資金調達を実施しました。

Syndicateは1年間で2,800万ドルの資金調達を行ったプロジェクトで、自律分散型組織(DAO)として、コミュニティ主導で投資クラブの立ち上げが可能なプロダクトを提供しています。

「コミュニティ主導の分散型投資プラットフォーム」という従来の投資モデルを変えうるソリューションを提供するSyndicateですが、プロジェクトへの期待を裏付けるように、業界の著名人や企業による資金調達は数百名を超えています。

本記事では、そんなSyndicateの概要や特徴、注目プロダクトについて解説していくので是非最後まで読んでみてください。

「投資を民主化する」Syndicateの概要

Syndicateは、2021年2月にIan LeeWill Papperによってサンフランシスコのシリコンバレーで設立されたプロジェクトで、「投資の民主化」を使命とし、投資の世界を変革する分散型投資プロトコル、ソーシャルネットワークを構築しています。

具体的には、コミュニティ主導で投資家から資金調達を行える公正で自由な新しい形の投資プラットフォームを提供しています。

「投資クラブ」の概念は、1898年にテキサスで行われた投資クラブが始まりとされていますが、Syndicateが構築する投資クラブは、コミュニティ主導でDAOのように資金調達や投資管理を行えることから、従来の資金調達より時間とコストを省く事が可能です。

Syndicateの3つの特徴

Syndicateの特徴を以下の3つの観点から解説していきます。各ポイントをチェックしていきましょう。

・有名企業、著名人から合計2,780万ドルの資金調達

・web3 Investment Clubがβ版でローンチ

・低コストで簡単に投資クラブの立ち上げが可能

名企業、著名人から合計2,780万ドルの資金調達

Syndicateは5月に行われた戦略的ラウンドの他にも資金調達を行っており、a16z主導のシリーズA資金調達ラウンドでは、多数の投資家からの支援を受け、2,000万ドルを調達しています。

初期の投資家の数は150以上を超えていますが、その中でも暗号資産・ブロックチェーン業界では、グローバル最大手の米国企業Coinbaseの投資部門であるCoinbase Ventures、暗号資産の貸し借りを行えるDeFiレンディングプロトコルのAAVEなどが参加しています。

またヒップホップMC兼俳優であるSnoop Doggといった著名人も参加しており、クリエイティブを仕事としている層からも注目を浴びています。

web3 Investment Clubがβ版でローンチ

Syndicate protocol上に構築された初となるプロダクトweb3 Investment Clubが1月26日にβ版としてローンチしました。

web3 Investment Clubは、イーサリアム、ポリゴンブロックチェーンで展開しており、MetaMaskなどのウォレットとSyndicateを使用して、ガス代のみで投資クラブを作成・管理出来ます。

7月12日に12,000の投資クラブが立ち上げられていましたが、7月22日には、20,000のクラブが立ち上がり、僅か10日で8,000のクラブが作成されています。

低コストで簡単に投資クラブの立ち上げが可能

Syndicateの投資クラブは、現在イーサリアムとポリゴンのブロックチェーンで展開されていますが、他のブロックチェーンや L2 に展開するための準備を積極的に進めているとのことです。

他のチェーンを触るユーザーにも投資クラブを立ち上げる機会を提供し、投資の民主化を拡大するべくインフラストラクチャを構築しています。

ちなみに7月6日のツイートによると、イーサリアムブロックチェーンで投資クラブを立ち上げるのに20ドルのガス費用を見積もっていたところ、ポリゴンブロックチェーンで投資クラブを作成した場合だと0.01ドルで出来たとのことです。

投資クラブの立ち上げ方、手順を解説

MetaMaskなどのウォレットがあれば、投資クラブを立ち上げてコミュニティ管理が出来るようになっています。

今回はMetaMaskでポリゴンネットワークをつかい、投資クラブの作成を行う手順を解説してみました。

(ウェブサイトでは、実際に作成されている投資クラブのデモが見られるのでこちらも参考にしてください)

MetaMaskのウォレットを用意する

最初にウェブサイトを開き「Get started」をクリックします。

SyndicateとMetamaskを繋ぐために「Metamask」をクリックします。

Metamaskのウォレットのインストール方法や使い方は、下記記事で解説していますので、インストールされてない方は、ご覧になってください。

⇒MetaMask(メタマスク)の使い方まとめ!入出金・トークン追加も超簡単

SyndicateとMetamaskの接続が完了すると、参加している投資クラブの確認や新たな投資クラブを立ち上げが出来ます。

今回は、新しく投資クラブを立ち上げたいので「Create an investment club」をクリックします。

投資クラブの名前とティッカーシンボルの設定

投資クラブの名前と投資クラブで活用するトークンのティッカーシンボルを設定していきます。

投資クラブの名前は、オンチェーンで公開されるため、名前を公開したくない場合は、「Randomize」をクリックしましょう。

投資クラブを管理するために作成するトークンのティッカーシンボルを設定しますが、投資クラブに参加する参加者は、参加の証明として作成したトークンを受け取ることになります。(トークンは譲渡不可にデフォルト設定されています)

クラブの名前とティッカーシンボルが決まったら「Next」をクリックします。

入金を受け付けるトークンの選択と上限枚数の設定

入金を受け付けるトークンでは、ETHやUSDCなどのERC-20を選択出来、資金調達の総額も自由に選択可能です。

今回は、入金受付のトークンにMATICを選択し、上限は100,000MATICに設定してみました。

トークンの入力が完了したらそのまま「Next」をクリックします。

入金受け付け期間の設定

次に資金調達がいつ終了するのかを設定します。

  1. 1週間
  2. 1ヵ月
  3. 3ヶ月
  4. カスタム

上記の4通りから選択する事が可能で、カスタムは来年や再来年など長期に設定する事が出来ます。

今回は、2024年の8月11日23時59分に入金受け入れが終了するように設定しました。

投資クラブの参加人数の設定

続いて投資クラブに参加出来る人数を設定します。

Syndicateでは、SEC(米国証券取引委員会)が公式サイトで公開しているファイリングに基づいており、最大人数は99名まで参加可能なので、人数を入力し「Next」をクリックします。

人数を設定しますと上記の同意を求める注意書きが表示されます。

注意書きですが、「Syndicateを証券法に違反しないように使い、誹謗中傷・違法・不法行為を行いません」等の記載がされているため、しっかりと確認して問題がなければチェックを付けて「Confirm wallet」をクリックします。

次に、接続しているウォレットアドレスを投資クラブとして使用するウォレットとして使うか、新しいウォレットを使うかの確認画面が表示されます。

継続して使用する場合は、「Yes,continue with this wallet」をクリックします。

投資クラブで使うウォレットアドレスは、クラブメンバーに中身が開示されること、入金されるトークンは全てこちらのアドレスに集まる事になります。

Metamaskが起動しますのでガス代を確認してトランザクションを生成しましょう。

「confirmation」をクリックします。

これでオンチェーンで投資クラブ(yellow monkey)を作成出来ました。

投資クラブの立ち上げにかかった費用は、ガス代で0.0182008MATIC、日本円で約2.2円です。

投資クラブのダッシュボード

Syndicateでは投資クラブの管理状況や設定変更を行う事が出来ます。

資金調達は、最大1,000,000MATICで、投資クラブ用のトークンYEMOの最大枚数が1,000,000、資金調達の受付は2年後まで可能と、設定した通りに作成出来ている事が分かります。

また資金調達用の入金リンクを生成する事が出来るので、クラブに参加したい人へリンクを共有する事が可能です。

非公開でのリンク共有をする事に同意することでリンクを生成出来ますが、入金リンクを公に公開すると証券法に違反する可能性があると注意書きがあります。

こちらについてはSyndicateがSEC(米国証券取引委員会)が公式サイトで公開しているファイリングを確認しますと、公にリンクを公開して入金を受け付けるのは、投資クラブが新会員を探していることを示唆していると見なされる可能性があるため違反になるとのことです。

投資クラブを立ち上げてみた感想

Syndicateで実際に投資クラブを立ち上げてみた感想は、

  • Metamaskを利用
  • 費用はガス代のトークンのみで作成可能
  • 簡単操作で数分で作成可能

といったシンプルな操作で完結するので、Syndicateの技術に驚きを隠せないですし、「〇〇のような事をやりたい、〇〇を変えたい」といったビジョン、ロードマップを掲げてブロックチェーン・暗号資産で、資金調達が可能になることからWeb3の今と未来は、誰もが主役になれる可能性に満ち溢れた未来がもうそこにきているように感じました。

しかしながらSyndicateの課題として見えた点もあります。

Syndicayeで立ち上げた投資クラブではトークンを取り扱う事になります。自社のサービスでしか使わないトークンは、暗号資産に当てはまらないといった見解もありますが、資金調達後、参加の証明としてトークンを参加者に配布することになることから、現在の日本の法律上、暗号資産交換業の登録を受けなければいけない可能性があります。

DAOとして投資クラブが透明性を維持し賛同者から資金調達を行えるプロダクトは、とても素晴らしくweb3ならではですが、日本の現行法を考えると暗号資産・ブロックチェーンにまつわる法律を全てクリアにしてから投資クラブの立ち上げ、運営をする事が望ましいように感じました。

世界の先進国はweb3に力を入れていますが、日本も経済産業省がWeb3政策推進室を設置して、暗号資産・ブロックチェーンの事業環境整備に取り組む姿勢をみせてきていますので、日本のweb3の未来に期待したいところです。

まとめ

投資の民主化を構築するSyndicateの概要・特徴について解説してきました。

クリプト市場では日々様々なプロジェクトが誕生していますが、Syndicateが手掛ける分散型投資プロトコルはブロックチェーンや暗号資産と相性の良い金融分野であり、今後も成長が期待できる領域です。

今回の記事をきっかけにSyndicateに興味を持った方は、今後も公式Twitterなどで情報を追ってみても良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

―Syndicate の公式リンク―


免責事項

本記事は情報を伝えることが目的であり、投資等の勧誘、または推奨を目的としたものではありません。本記事により発生、誘発されたとされるいかなる損失についてもその理由やプロセスに関わらずCRYPTO TIMES、株式会社ロクブンノニ、筆者及び全ての関係者は一切その責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事