オーストラリアの空港 世界初の仮想通貨導入に向けて動き出す!
   公開日 : 2018/02/01

オーストラリアの空港 世界初の仮想通貨導入に向けて動き出す!

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis
この記事の3つのポイント!

  1. オーストラリアの空港で仮想通貨導入検討中
  2. 現地企業TravelByBit社と提携
  3. 空港だけでなく地域で仮想通貨を推進!

本記事引用元:Australia’s Brisbane Airport to Become World’s First Crypto Friendly

オーストラリアの空港で仮想通貨導入の動き

地元メディアによると、オーストラリアのブリスベン空港で仮想通貨を積極的に取り入れていく動きが発表されたそうです。

旅行客や空港を利用する人々は、空港内に併設されているKIOSKやカフェなどでBTC, ETH, LTC, DASH, Steemなどの仮想通貨が利用できるようになります

現在、実現に向けて空港はスマホ決済で有名なTravelByBitという現地企業と協力して、導入に向けて動いているそうです。

これが実現されれば、地元のビジネスの活性化のみならず、一般の人々への仮想通貨の実用性が更に認知されていくでしょう。

世界でマイニングや仮想通貨が規制されていく中で、オーストラリアはそれとは逆に開発や成長を後押ししているように伺えます。

ブリスベン空港の戦略開発マネージャであるRoel Hellemons氏は、『仮想通貨を所持したり取引する人々が増えている中での今回の仮想通貨ど空港に導入するという案は極めて自然なことだ。』と話しています。

ブリスベン全体で見ても空港のみならず、郊外のフォーティテュードバレーと呼ばれるエリアでは、食品産業や、ホテル産業などでも仮想通貨決済に対して非常に前向きな考えを持っており、”Crypto Valley”などとも呼ばれています。

国境を跨ぐ旅行において、国境のバリアがない仮想通貨は、親密な関連性があって然るべきだとTravelByBitのCEOであるCaleb Yeohは指摘しています。

 

shota
まだ計画段階ということですが完全に導入されるのはいつになるでしょうね
shota
世間一般で利用される機会が増えればより仮想通貨の価値も広く認識されるようになりそうですね!!!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事