クリプトスペルズ|【黒文明】2020年2月の最強ブロンズデッキはこれだ!
   公開日 : 2020/02/18

クリプトスペルズ|【黒文明】2020年2月の最強ブロンズデッキはこれだ!

Mr.ブロンズマン

Mr.ブロンズマン

初心者も分かるクリスペ専門メディア「ブロンズマン.com」を運営しつつ、Rubyギルドの専属コーチも務めております。座右の銘は『下剋上』。シルバー以上のカードは一切使わず、ブロンズのみで勝ち上がることを美学としてます。ブロンズ無課金デッキを使い、10月ランク戦で勝率100%の1位になりました。

ct analysis

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

このシリーズでは、ブロンズ同士の対決で負けないためのデッキ編成と戦略を、私Mr.ブロンズマンが解説していきます。

今回は、ブロンズ黒デッキについて紹介していきたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いください。

 -クリプトスペルズ|【青文明】ブロンズ対決で勝つ!20年2月の最強デッキ

 -クリプトスペルズ|【赤文明】ブロンズ対決で勝つ!20年2月の最強デッキ

 -クリプトスペルズ|【緑文明】ブロンズ対決で勝つ!20年2月の最強デッキ

 -クリプトスペルズ|【白文明】ブロンズ対決で勝つ!20年2月の最強デッキ

デッキ編成とポイント

今回解説するブロンズ黒デッキは、以下になります。

20年2月時点でのブロンズ黒環境だと、こちらの3CSデッキがオススメです。

『前衛』や『速攻』を取り入れた、初心者の方でも使いやすいバランス型のデッキになります。

ブロンズ環境で、どんな色の相手と対面しても対応できるような構成にしています。

「リリス」「闇の祭司」が持っている”デバフ効果”を上手く使いこなせるかどうかが肝になります。

※デバフ:カードを弱体化すること。その能力値自体を下げているので、回復しても元の状態には戻らない。

また、CS(クリプトスペル)は基本3CSで問題ありませんが、お相手が緑や白の場合は2CSを使っても構いません。

ただ、ブロンズ環境なのでバランスの取りやすい3CSを使っておくのが無難ではあります。

慣れてきた方は2CSも使ってみて、使うやすい方を採用してみてください。

デバフ効果を使いながら有利に試合を運ぶ

写真は、こちらが「闇の祭司」を出してデバフ効果を「ホルスの門番」に当てた場面です。

こうすることで、相手の「ホルスの門番」を倒しやすくなったと同時に、こちらのユニットが受けるダメージも減らすことができました。

このように、ヘルスが高い相手ユニットを除去したいときに、特にデバフ効果は機能します。

相手の『前衛』を突破しやすくして、かつこちらのユニットを生き残らせた状態で試合を展開していけると非常に強いです。

同じデバフ効果で「腐敗:相手ユニット1体を-4/-4する」を採用していないのは、

  • 「歴戦のパラディン」「スカイガルドの巨神兵」と対面しないから
  • 4コストで場にユニットが出ないのが痛いから

です。

ブロンズ対決では、一発逆転みたいな展開がお互いに期待できないので、盤面の支配率がとても大事になるのです。

デバフ効果を上手く使いながら、盤面を取っていきましょう!

3CSの使いどころを見極めろ

3CS主な使いどころとしては

  • 自分がかなりダメージを受けているとき
  • どうしても取りたい相手ユニットがいるとき
  • あと3点顔を殴れれば勝てるとき

の3つです。

1つ目は、特に相手が赤デッキのときですね。今回の上写真の場面は、3つ目の「あと3点顔を殴れれば勝てるとき」になります。

「疾風の竜騎士 バロン」も入っていますが、欲しいときに引いてこれるとは限りません。

しかしCSに関しては最初から手札にあるため、ユニットに使う場面がなかったのであれば最後にフィニッシャーとして使ってしまえば良いのです!

なので、序盤に使ってしまうと選択肢が狭まってしまうので、使いどころはしっかり見極められるよう練習を積んで感覚を磨きましょう。

まとめ

今回は、現環境におけるブロンズ対決で勝つための最強デッキを紹介・解説させて頂きました。

ブロンズカードは頻繁にリリースされたり、調整されたりするものなので、環境によってベストなデッキ及び戦法は変わってきます。

2020年2月の今の段階では、今回の内容がベストだと思っておりますし、私自身も採用しています!

今回の記事で分からないことや質問など御座いましたら、遠慮なくお問い合わせください。お待ちしています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事