IOSTがチューリッヒ大学ブロックチェーンサマースクール 2021へ学生2名をサポート
   公開日 : 2021/07/15

IOSTがチューリッヒ大学ブロックチェーンサマースクール 2021へ学生2名をサポート

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

IOSTが、2021年7月4日から3週間、スイスのチューリッヒ大学(UZH)のBlockchain Centerが開催するInternational Summer School Program 2021 “Deep Dive into Blockchain “に今年もスポンサーとして協力することを発表しました。

https://twitter.com/IOST_Official/status/1414858874071310342?s=20

2021年のサマースクールプログラムでは、Tezos、IOTA、IBM Hyperledger、CARDANOなどの業界のブロックチェーン専門家や、複数の大学の様々な分野の教授が、世界中の学生とインタラクティブな授業を行います。

これは、昨年のUZHとのブロックチェーン教育プログラムに続くものとなっており、IOSTとUZHブロックチェーンセンターの関係は、2020年1月に共同創業者のTerrance Wang氏がチューリッヒ大学ブロックチェーンセンターを訪問したことから始まりました。

同センターの会長兼アカデミックディレクターTessone教授と、IOST共同創業者のTerrance Wangは、ブロックチェーン分野での産学連携のためのMOUを締結しました。

3週間のブロックチェーン教育プログラムでは、世界中の学生が、ブロックチェーン業界の第一人者である大学教授の授業を受け、グループワークに参加することで、ブロックチェーン技術の仕組みやアプリケーションの社会実装の可能性など、ブロックチェーンの背景にある技術、経済、法的側面を学術的な観点から理解することを学びます。

IOST財団は、2020年チューリッヒ大学(UZH)サマースクールプログラムに2名の学生を助成しました。GUNHEE CHOさんとKANG MINHYUNGさんは、チューリッヒ大学(UZH)ブロックチェーンセンターが主催する「Deep Dive into Blockchain」に参加します。

GUNHEE CHOさん-東京工業大学

-UZH BCCサマースクールでは、どのようなことを学びたいか?
今回のサマースクールでは、ブロックチェーンの専門家だけでなく、様々なブロックチェーン企業からも講義やプロジェクトのアドバイスを受けることができるので、ブロックチェーンを理論から実践までしっかりと理解したいと思っています。

-サマースクールの後、学んだことをどのように活かしていくか?
これまでのデータ管理は、中央のデータセンターやクラウドで行われることが多かったのですが、セキュリティの重要性の高まりやトラフィック集中の問題などから、今後はデータのやり取りや管理はピアツーピアで行われるようになるのではないかと思いました。また、5G通信を利用した分散型ネットワークの構築にも興味があり、今後の研究ではブロックチェーン技術を活用していきたいと考えています。

KANG MINHYUNGさん-東京工業大学

-UZH BCCサマースクールでは、どのようなことを学びたいか?
暗号資産が資産としてどのような性格を持つのか、どのような経済効果があるのかを知りたいです。

-サマースクールの後、学んだことをどのように活かしていくか?
ポートフォリオ理論に興味があるので、暗号資産を含めたポートフォリオを組んでみたいと思います。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事