リップルのコールドウォレット2選!【あなたは知ってますか?】
   公開日 : 2019/10/10

リップルのコールドウォレット2選!【あなたは知ってますか?】

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号通貨は現金と違い、保管方法によってはハッキングの被害にあってしまう可能性があります。

みなさんの記憶にも新しいCoincheckハッキング事件では、約580億円という大量の暗号通貨が「瞬時に」盗まれてしまいました。

本記事では、人気通貨であるXRP(リップル)を安全に保管できる”コールドウォレット”について説明していきます。

「コールドウォレットとはそもそもなんなのか」「どの種類のコールドウォレットが良いのか」などについて紹介していくので是非最後まで読んでみてください。

コールドウォレットとは?ホットウォレットとの違い

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていないオフライン仮想通貨ウォレットのことを指します。

このコールドウォレットには小さな電子機器の「ハードウェアウォレット」と紙でできた「ペーパーウォレット」の2種類があります。

また、コールドウォレットとは反対に、常にインターネットに接続しているウォレットがホットウォレットです。

このホットウォレットには取引所のウォレットや、ウォレットアプリなどが含まれます。

コールドウォレットホットウォレット
特徴インターネットに繋がっていない常にインターネットに繋がっている
種類ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット取引所のウォレット、ウォレットアプリ

次にそれぞれメリットとデメリットを見ていきましょう。

コールドウォレットのメリット・デメリット


コールドウォレットはインターネットに常に接続していないため「ハッキングのリスクを最小限に抑えることができる」というメリットがあります。

ですが、インターネットに常時繋がっていないため「通貨の出し入れに時間や手間がかかってしまう」というデメリットも存在します。

また、ウォレットにアクセスするための「秘密鍵」を忘れてしまった場合、自分の資産にアクセスできなくなってしまいます。

コールドウォレットは頻繁にトレードせずに長期保有したい方や、大量に通貨を保有している方などにオススメですね。

ホットウォレットのメリット・デメリット

ホットウォレットは、コールドウォレットと反対に常にインターネットと繋がっているため「スムーズに通貨の出し入れやトレードを行うことができる」というメリットがあります。

しかしその反面、インターネットに常時接続しているため「ハッキング被害に合う可能性が高まる」というデメリットが生じます。

昨年、日本を騒がせたCoincheckの約580億円が盗み出された事件でも、狙われたのはホットウォレットでした。

ある程度頻繁にトレードする方や、少額しか保有していない方が主にホットウォレットを利用しています。

コールドウォレットホットウォレット
メリットハッキングのリスクがないスムーズに通貨を動かすことができる
デメリット・スムーズに通貨を動かせない

・自己責任で管理しなければいけない

ハッキングのリスクがある

リップル(XRP)を保管できるおすすめコールドウォレット

最も安全な仮想通貨の保管手段はコールドウォレットであるハードウェアウォレットで保管するという方法です。

しかし、ハードウェアウォレットならどれでも良いと言うわけではなく、メーカーや購入経路などに注意する必要があります。

そこで、セキュリティの面などで最も安全性が高いハードウェアウォレットを使い方や公式サイトと共に2つ紹介したいと思います。

*Amazonなどの非正規業者から購入すると秘密鍵が流出している粗悪品の可能性があるので、購入する際は「必ず公式HP」から購入してください。

最も有名なハードウェアウォレット「Ledger Nano S」

人気・知名度
値段8990円(税込み)
対応OSWindows、OS X(Mac OS)、Linux、Chrome OS
開発・取扱元Ledger社(フランス)
コネクタUSB Micro-B型
対応通貨リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)等、27種以上

Ledger Nano Sハードウェアウォレットで最も知名度のある製品です。

フランスのLedger社が開発・提供しているこのウォレットでは、USB接続でPC上の専用のデスクトップアプリでリップル(XRP)の管理が可能となります。

暗号通貨を保管する上で最も重要な秘密鍵はLedger Nano S本体に保存され、さらにデバイスとPINコードが両方揃わないと通貨の移動ができないため、遠隔からのハッキング被害を防ぐことができます。

お財布にも入るスタイリッシュなウォレット「CoolWallet S」

人気・知名度
値段12,960円(税込み)
対応OSiOS(iPhone)、Android
開発・取扱元CoolBitX社(台湾)
コネクタBluetooth
対応通貨XRP、BTC、ETH、LTC、BCH、ERC20規格トークン

Coolwallet S (クールウォレット・エス) は台湾発のCoolBitX社が手掛ける世界初のカード型ハードウェアウォレットです。

こちらのCoolWallet SはスマートフォンのみでXRPを管理することが可能となっているので、PCを持っていない方や毎回PCを立ち上げるのが面倒な方におすすめです。

お財布にも入るカード型のスタイリッシュなデザインに加え、安心安全の高セキュリティが採用されています。

まとめ

暗号通貨は管理の仕方によってはハッキングリスクがあるため、多少のお金がかかったとしても今回紹介したようなコールドウォレットでXRPを管理することをおすすめします。

今回は暗号通貨の保有に関して、その管理方法について紹介してきましたが、もう一つ重要なことがあります。

それは「自分の持っている暗号通貨をよく理解すること」です。

どんな通貨でも値段が上がる時代は終わり、これからはしっかりした通貨以外は淘汰されていく時代と言われています。

CryptoTimesでは以下のようなXRP(リップル)についての見識をさらに深めることができる記事を用意しているので興味がある方は是非読んでみてください。

・リップル(XRP)とSBIの関係性とは?最新ニュースと合わせて紹介!

・XRP(リップル)にはマイニングがない?理由を簡単に解説!

最後まで読んでいただきありがとうございました!それでは!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事