イーサリアム上の資金洗浄、7割以上が特定ミキサー経由か
   公開日 : 2022/08/17

イーサリアム上の資金洗浄、7割以上が特定ミキサー経由か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ブロックチェーンセキュリティ会社SlowMistが公開したレポートによると、2022年前半期でイーサリアム上でマネーロンダリングされた暗号資産合計金額の74.7%にあたる約95万ETH(約24億ドル)がミキサーTornado Cashを介していることが分かりました。

上記の残りの23.7%にあたる95,570ETHはハッカーのアドレスに残留、1.5%にあたる6.250ETHは取引プラットフォームに送られたとしています。

また、セキュリティ攻撃の初期資金の出所としてもTornado Cashが大部分を占めており、大手取引所と比較しても数倍の規模となっています。

現在、Tornado Cashに対する制裁例が増加しており、米財務省外国資産管理局(OFAC)は同プロジェクトを制裁対象に指定。これを受けてステーブルコイン$USDCを手掛けるCircle社はTornado Cashを利用したアカウントのブラックリスト化を実施しました。

さらに、仏捜査機関FIODはエンジニアとしてプロジェクトに関与した疑いで29歳男性を逮捕したことが報じられています。

昨今、暗号資産の流出事件が多発しており、直近ではCurve FinanceやAcalaなどが被害に遭っています。

記事ソース:SlowMist ReportThe BlockFIOD

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事