DeFiウォレット、Ambire Walletが約3億円の資金調達を完了
   公開日 : 2021/12/11

DeFiウォレット、Ambire Walletが約3億円の資金調達を完了

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

2017年からデジタル広告に関してブロックチェーン/暗号通貨を利用したプロジェクトであるAdEXが今回、事業のピボットかつリブランディングを行い、DeFiウォレットの開発をスタートすることを発表し、Ambire Walletを提供します。

Ambire Walletはブラウザのエクステンションを必要することなく、メールアドレスとパスワードで利用が可能です。さらに、DeFiへのワンクリックアクセスを可能にします。

Ambire WalletはLAUNCHHub VenturesやAscensive Assets、Metacartel Ventures、Daedalus、ZeePrime、そして、Bitcoin.comのCEOであるDanishChaudhryをエンジェル投資家として、約3億円の資金調達を実施しました。

Ambire Walletでは、Ambire DAOとAmbire Walletが発行する$WALLETトークン所有者によって制御されるウォレットです。WalletトークンはEthereumネットワークで発行され、BSC/Polygonでもブリッジが予定されています。

現在、オープンβ版のWalletが公開されており、ホームページ上でWaitlistからメールアドレスを利用で登録することが可能です。

AdEx NetworkトークンとAmbire Walletトークン

AdEx Network自体も開発が止まるのではなく、継続した開発やアップデートは進んでいくものとしており、ADXトークのStakerに対しても新しいWalletトークンを配布するものとしています。

初期のウォレット利用ユーザーやStakerにはTokenのDistributionが告知されているので、この機会にぜひとも利用して見はいかがでしょうか?

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事