韓国大手取引所のBithumbが11ヶ国での営業停止を決定
   公開日 : 2018/05/30

韓国大手取引所のBithumbが11ヶ国での営業停止を決定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!
1.ビッサムが11ヶ国でサービスの提供を停止へ
2.これらの国は資金洗浄対策に非協力的な国として選定された
3.新規受付はすでに終了しており、既存ユーザーも来月21日からブロックされる

記事ソース:Bithumb

韓国に拠点を置く大手取引所のBithumb(ビッサム)が11ヶ国で同社のサービスを停止すると今月27日に発表しました

ビッサムは現在資金洗浄対策(AML)に力を入れており、今回の業務停止もその一環だと言います。同社はAMLに非協力的な国に住む顧客からのトランザクションの一切をブロックすると発表の中で述べました。

非協力的な国の選定はマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)によって定められたAMLの基準を満たしているかどうかによって決定されました。具体的にサービスが停止される国は北朝鮮、イラン、エチオピア、イラク、セルビア、スリランカ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、イエメン、シリアとなっています。

ビッサムはすでに新規登録の受付を終了しているとし、既存のユーザーも6月21日からブロックされるとしています。

同取引所は発表の中で、現在はAMLとKYCに力を入れていて、ユーザーに安心して利用してもらえる世界を代表する仮想通貨取引所を目指すとコメントしています。

kaz
逆に今までこれらの国からのユーザーも受け付けてたことに驚き
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事