米Circle社(サークル)仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)を買収
   公開日 : 2018/02/27

米Circle社(サークル)仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)を買収

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!

米の決済アプリ開発会社Circle社がPoloniexを買収
ShapeShiftのCEOは今年は多くの合併が起こると予想
今後は上場する企業も出てくると予想されている
参考リンク:Circle Acquires Poloniex,

 

Poloniex(ポロニエックス)を買収したのは米Circle(サークル)

2月26日、アメリカのCircle社が、仮想通貨取引所Poloniexを買収し、傘下に加えることを発表しました。買収額はおよそ440億円とみられています。

Circle社は自社のブログで、率先してカスタマーサポートと技術開発、コンプライアンスの整備を優先して行い、顧客の満足な利用体験を促進していくとしています。

また、この買収をグローバル展開の足掛かりとし、取引所をポンドやユーロなどとのフィアット通貨とも交換できるように変化をさせようとしており、スケーラビリティ、信頼性、堅牢性を重要視して発展を目指すと発表しています。

発展していった先で、暗号通貨だけでなく、他のアセットも含めた総合取引所を目指すことも明言されています。

Poloniexは多様なトークンを扱う取引所で、現在BTC建、ETH建て、XMR建、USDT建の4種類のマーケットを持ち、取引ペアは99種類にも上っています(2018/02/27現在)

現在の出来高ランキングでは18位(CoinMarketcapより)に留まっているものの、一時期はアルトコインの取引高で世界の取引所をけん引していました。

今回買収を行ったサークル社はどんな会社?

Circle社はアプリを利用した送金プラットフォーム等の開発を行うFinTech企業で、2013年に創業されまし。

同社のサービスである「Circle Pay」は銀行やデビットカードとアプリを紐づけすることでアプリ内で送金が可能で、ドル、ポンド、ユーロの3種類のフィアット通貨に対応しており、各通貨をスプレッドなしの独自レートで両替して海外のユーザーに送ることもできます。

現在はアメリカとイギリス、ヨーロッパの一部の国で利用されている。その他にも暗号通貨関連のサービスを提供しています。

同社は昨年までに約140億ドルの資金調達をゴールドマンサックス、中国のVCから行っており、今後ブロックチェーンを利用したサービスを拡大していく予定です。

これにより、ウォール街が遂に暗号通貨のビジネスに参入を果たした、と見る動きもあります。

今後の取引所の動きはどうなる?

この買収についてShapeShift CEOのエリック・ボアヒーズは2018年は合併が多くみられる年になり、それによって最良な取引所が出てくるはずだとの予想を出しています。

また、CoinbaseのCOOであるアシフ・ヒルジは今後の取引所の取る流れは、上場を目指すことだとしており、同社は積極的に上場に向けて動くとしています。

このように業界再編の流れが進むとみられ、更なる発展が予想されます。

 

ももゆ
今後のPoloniexに注目ですね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事