アイスランドで盗まれたマイニングマシン600台が中国にあると報じられる
   公開日 : 2018/05/08

アイスランドで盗まれたマイニングマシン600台が中国にあると報じられる

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!
1.アイスランドにて盗まれたマイニングマシンが中国で見つかる
2.犯人二人を逮捕するも一人はスウェーデンへ逃亡
3.マイニングマシンが被害者へ戻ってくるかは不明

記事ソース: RUV

今年初頭にアイスランドで発生した未解決の強盗事件によって失われたBTCマイニングマシン600台が中国にあるかもしれないと現地メディアRUVが今月5日に伝えました。

アイスランド警察は中国で600台のBTCマイニングマシンが押収されたというニュースを受けて、中国当局に問い合わせを行いました。

マイニングマシンは海を渡り、中国へ

今回中国で押収されたマイニングマシンの数が昨年末から今年一月にかけてアイスランドのデータセンターで盗まれたマシンの数と一致していることからこれらが同じものであると断定されました。

アイスランド警察はこの報告を受けて、今年二月に二人の容疑者を逮捕しました。このうち一人は刑務所から脱走し、故郷のスウェーデンに逃げ込んだと4月中旬に報じられました。

盗まれたマイニングマシンの総額は約2億円にも登り、大きな被害を起こしました。今回の事件は、天津市で異常な電力の使用が警察関係者の目に止まり、マシンの押収へとつながりました。

しかし、RUVによると、中国警察はアイスランドからの問い合わせに対しては未だ返答をしていないようです。

アイスランドはその寒冷な天候と再生可能エネルギーの豊富さから仮想通貨マイニングには最適な土地として注目されてきました。あるデータによると、今年の仮想通貨マイニングに消費される電力は去年の二倍に登るペースで、34万人の国民が家庭で使用する電力量を大きく上回っているそうです。

kaz
こういうニュースが出てくるとBTCマイニングがちゃんとした産業として展開され始めている感が出ますね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事