MacのOSを標的にした暗号資産を盗み出すトロイの木馬ウイルスが発見される
   公開日 : 2020/07/26

MacのOSを標的にした暗号資産を盗み出すトロイの木馬ウイルスが発見される

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

インターネットに関するセキュリティ企業ESETがmacOSを標的とした暗号資産を盗み出すトロイの木馬ウイルスが発見しました。

Trend MicroのリサーチャーがGMERAと呼ぶこのマルウェアは、ユーザーのクッキーや暗号資産ウォレット、そして画面のキャプチャーから情報を盗み出します。

ESETによると、今回のウイルスの製作者はMacOSの暗号資産取引プラットフォームKattanaへウイルスを仕込みました。さらに偽物のウェブサイトを作成しTrezarus、Cointrazer、Cupatrade、そしてLicatradeの4つの取引プラットフォームアプリの偽造品にマルウェアを仕込んで配信しています。

アプリのZIPファイルをダウンロードすると実際に取引機能を備えたアプリと共にトロイの木馬ウイルスがダウンロードされます。

記事ソース:ESET

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事