【マイアミ市】税金の支払いや給料の受け取りが暗号通貨で可能に。市長が計画を明かす
   公開日 : 2021/12/04

【マイアミ市】税金の支払いや給料の受け取りが暗号通貨で可能に。市長が計画を明かす

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

マイアミ市が市内での税金の支払いや給料の受け取り等をビットコインなどの暗号通貨で可能とする予定です。

Bloombergがマイアミ市長フランシス・スアレス氏に対して行ったインタビューによると、今後マイアミ市民は手数料や税金の支払いをビットコインで行なったり、従業員が給料を暗号通貨で受け取れるようになるとしています。

給料の100%をビットコインで受け取るなど暗号通貨に対して積極的な人物として知られるスアレス氏は、インタビューの中で「どの都市も生き残り、繁栄するためには、知識ベースの経済が必要です。」と述べました。

さらに先日行われたイベントの中でスアレス氏は下記コメントを残しています。

“「都市には実際には2つの選択肢しかありません。それ(暗号通貨やブロックチェーン)が存在しないふりをするか、現実を直視し、混乱を受け入れ、変化を受け入れることができるかの2択です。(一部要約) -引用元:bnnbloomberg.ca」”

先日、CityCoinsがマイアミをサポートするための通貨として、MiamiCoinと呼ばれるStacksベースの暗号通貨を発行しました。

MiamiCoin/$MIAでは、Stacksのネイティブトークン$STXを入札しその入札額に応じて新たに発行されるMiamiCoinを受け取ることが可能。

さらに、発行された$MIAは70%はユーザーへ、残りの30%は寄付金としてマイアミ市へ渡る仕組みとなっています。

MiamiCoin発行プロセス | 画像引用元:https://www.citycoins.co/miamicoin

マイアミ市はMiamiCoinと直接的な関係を明言していませんが、市長のスアレス氏はMiamiCoinに関して「(MiamiCoinは)3か月で3000万ドル(約33億円)の収益を上げた」と言及するなど、関心を示しています。

記事ソース:BNN Blombergcitycoins.co

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事