Ripple社のXpringなどがサービスの名称を変更、新名称をRippleXに
   公開日 : 2020/10/08

Ripple社のXpringなどがサービスの名称を変更、新名称をRippleXに

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

銀行間送金に特化した暗号資産プロジェクト$XRPを提供するRipple社が、同社のサービスの名称を変更する旨を発表しました。

今回変更するのはXpringとRipple for Goodです。XpringはRippleXへ、Ripple for GoodはRipple Impactへ名称変更を行います。

Xpring(新RippleX)は去年10月にRipple社がローンチしたプロジェクトで、暗号資産リップル($XRP)を用いた製品やサービスを開発する企業に対してリップル社が支援を行います。今年に入り、Xpringのコミュニティページが設立されています

Ripple for Goodは教育や金融問題の解決を目指すプロジェクトを支援するプログラムで、教育によって金融包摂(誰もが将来安定した生活ができるように金融サービスや支援が利用可能なこと)を実現させる可能性があるプロジェクトに対して支援を行っています

Rippleは先日、スマートコントラクトに関する特許を米国で取得しました

記事ソース:Ripple

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事