NFTマーケットプレイス「tofuNFT」と「X2Y2」が戦略的提携を発表
   公開日 : 2022/09/13

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」と「X2Y2」が戦略的提携を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

マルチチェーンNFTマーケットプレイスを展開するtofuNFTは、NFTマーケットプレイスであるX2Y2との戦略的提携を発表しました。

X2Y2とtofuNFTは、双方の対応チェーンが違うことから補完関係にあります

tofuNFTは、BNB、Polygon、Avalanche、Astar、Moonbeam、Arbitrum、Optimism、zkSync(予定)等のチェーンに対応をしています。一方、X2Y2はEtherumメインネットでのみ展開をしております。これらが要因で戦略的提携の合意に至ったようです。

tofuNFTが積極的に展開してこなかったEthereumの取引を今後、X2Y2との提携を通じて日本国内のプロジェクトを世界に発信していくと記載がありました。

提携の具体的な施策は以下

  1. マルチチェーン展開の相互補完
    EthereumではX2Y2、それ以外のEVM互換性のあるチェーンではtofuNFTという連携
  2. NFTマーケットプレイスの技術基盤の共同開発
    スマートコントラクトやインデクサーを始めとしたNFTマーケットプレスの技術基盤の部分で相互連携。また、EVM以外のチェーンへの進出の際にも共同で開発を予定。
  3. トークンエコノミクス、コミュニティの連携
    トークンエコノミクスを保有するX2Y2のノウハウを元にコミュニティ強化とトークンエコノミクス形成の検討を開始。
  4. 地域展開での連携
    日本をベースとするtofuNFTが、Ethereumメインネットを利用した国内プロジェクトのNFT展開をX2Y2を通じて支援。

この提携をすることで、X2Y2はチェーン展開と国の展開のメリット、tofuNFTは、Ethereumメインネットへの進出とトークンエコノミクス、コミュニティの強化のメリットが存在しています。それぞれ、お互いの強みを活かした施策となっております。

NFTマーケットプレイス同士の提携は、珍しいので今後どのような進化をお互いのマーケットプレイスがしていくのか?注目していきたいところです。

– X2Y2 公式リンク- 

– tofuNFT 公式リンク- 

記事ソース:tofuNFT medium

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事