イーサリアム「マージ」実施時にトークン付与か | Binanceが一部入出金を停止
   公開日 : 2022/09/06

イーサリアム「マージ」実施時にトークン付与か | Binanceが一部入出金を停止

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Binanceがイーサリアムのアップデート「マージ」に関して、チェーンの分岐とハードフォークトークンの確保を目的とし、2022年9月6日11時から複数のネットワークでETHとWETHの入出金停止を実施しています。

入出金の停止は、以下の3つのネットワークで行われており、マージが完了後ネットワークの安定が確認された時点で再開されるとしています。

  • ETH (Arbitrum) – Arbitrumネットワーク上のETH
  • ETH (OP) – Optimismネットワーク上のETH
  • WETH (RON) – Roninネットワーク上のWETH

また、ウォレット停止中、Binance内で行われるETHの取引は影響を受けず、通常通りのトレードが可能です。

現在、Binanceの上記ネットワークへはETH、WETHの入金は行えず、フォークトークンの付与対象とならないため注意が必要です。

Binanceは先月下旬時点で、マージ後のハードフォークトークンへの対応についての対応を発表。付与や出金に対応するとしながら、トークンの上場に関しては現在未発表となっています。

記事ソース:Binance

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事