Ledgerが約130億円以上の資金調達を計画か
   公開日 : 2022/07/31

Ledgerが約130億円以上の資金調達を計画か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ハードウェアウォレット企業のLedgerが、少なくとも1億ドル(約133億円)の資金調達を計画していることが海外メディアの報道によって判明しました。

Ledgerは2021年6月に企業評価額3億8000万ドル(約500億円)で15億ドルを調達。今回、計画される資金調達では昨年6月時の評価額の500億円を上回る見込みとなっています。

海外メディアBloombergは、先日発生したCelsiusの破産等をきっかけに、暗号資産を第三者でなく自身で管理するニーズが増加していることがLedgerの成長の理由であると関係者が述べているとしています。

関連:【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説 (追記あり)

そんなLedgerは先日、自社が手掛けるNFTプラットフォームへのアクセス権が付帯するNFT「[ Ledger ] Market Pass – Genesis Edition」を公開し、同NFTシリーズは一時OpenSeaの取引ボリュームで1位を記録しました。

高級ブランドFendiとのコラボも行うなど、Ledgerの今後の動向に注目が集まります。

記事ソース:Bloomberg

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事