NEO基軸取引所「Switcheo」正式稼働開始を発表
   公開日 : 2018/04/02

NEO基軸取引所「Switcheo」正式稼働開始を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!

  • NEO基軸取引所「Switcheo」稼働開始
  • 開始記念でSWHトークンを手数料で利用すると手数料が0.01%
  • ICO後、すぐにNEOトークンが上場される「Dynamic Call機能」を搭載

本記事引用元:Launching Soon – Switcheo Exchange MainNet!

SwitcheoというNEO基軸取引所が稼働開始

SwitcheoのNEO NEP-5トークン取扱チームは、メインネットが3月31日17:00 SGT(UTC + 8)に稼働を開始したことを発表しました。

フィッシングサイトに注意し、リンクを確認後に取引所へアクセスして下さい:https://switcheo.exchange/

NEO、GAS、Switcheo Token(SWH)、Red Pulse(RPX)、The Key(TKY)、Bridge Protocol(IAM)、Trinity(TNC)、DeepBrainChain(DBC)のトークンが最初の取扱リストに含まれます。

Switcheoメインネットの立ち上げを祝って、取引手数料がすべての資産に対して0.1%に減額されており、SWHが手数料として使用される場合、手数料は0.01%に割引されます。

このプロモーションは、メインネットの開始日からすでに開始されており、2018年4月14日23:59 SGT(UTC + 8)まで続きます。取引のための入金と出金は常に開放されています。

今後QTUM、ETHの基軸を追加予定

Switcheoの今後の予定ではQTUMとEthereumの立ち上げが予定されています。

  • 2018 Q2 – QRC20取引開始
  • 2018 Q3 – ERC20取引開始
  • 2018 Q4 – SWHとWanchainを使用したクロススワップ機能の提供
  • 2019 – トップ5チェーンの取引を開始

この取引所の革新的な要素としてICOが終了すると、すぐにICOを実施した新しいNEP-5トークンが利用できるようになるSwitcheoのDynamic Call機能があります。

公式リンク

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事