暗号資産ファンドにSECが資産凍結命令、100億円相当の資産が凍結か
   公開日 : 2020/12/29

暗号資産ファンドにSECが資産凍結命令、100億円相当の資産が凍結か

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

米証券取引委員会 (SEC) が、トレーディング企業のVirgil Capitalに対し資産凍結命令を下した旨を発表しました。

資産凍結は、12月22日にVirgil Capitalの暗号資産取引ファンドVirgil Sigma Fundに対して提出された証券詐欺の申し立てによって行われました。

SECによると、同ファンドのオーナーであるStefan Qin氏が、Sigma Fundを利用する投資家を故意に騙し、その投資収益を「個人的な目的または開示されていない他の高リスクの投資」に使用していました。

ファンドは100億円相当の資産を保有しており、さらなる詐欺の被害を防ぐ目的で資産凍結措置が取られました。

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事