中国清華大学、Ripple(リップル)との提携でブロックチェーン研究プログラムを開始
2019/01/29

中国清華大学、Ripple(リップル)との提携でブロックチェーン研究プログラムを開始

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ブロックチェーンや暗号資産の技術・金融両側面を幅広く学んでいます。

工科系などの分野で中国トップを誇る清華大学が、ブロックチェーン技術を学ぶ大学院生向けに奨学金付きの研究プログラムを発表しました。

同プログラムは、ブロックチェーン技術を応用した国際送金プロトコルを開発するRipple(リップル)とのパートナーシップのもとで提供される予定です。

BRSPと呼ばれる同プログラムでは、ブロックチェーン技術を取り巻く国際的な規制をメインに学べるほか、関連する企業やイベントを訪問する機会も与えられるといいます。

清華大学によるプログラムの告知

今回研究プログラムを発表した清華大学は工科系の学問で世界的に有名な教育機関であり、アリババアップルゴールドマンサックスなどといった国内外の大企業のトップが名誉委員を務めています。

リップル社の教育へのイニシアチブは今回が初ではなく、昨年6月には世界の大学とブロックチェーン技術の共同研究を行うプログラムを始動し、計17校に5000万ドルの資金提供を行なっています。

記事ソース: 清華大学国家金融研究院 (英語)

この記事を書いたライター

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ブロックチェーンや暗号資産の技術・金融両側面を幅広く学んでいます。

  • 256投稿
  • 0コメント

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事