Compoundが独自チェーンであるCompound Chainのホワイトペーパーを公開
   公開日 : 2020/12/22

Compoundが独自チェーンであるCompound Chainのホワイトペーパーを公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

スマートコントラクトによって貸し手と借り手を繋ぐプラットフォームを構築するCompoundプロジェクトの独自チェーンに関するホワイトペーパーが公開されました。

Compound Chainは他の台帳から今まで以上のアセットを取り入れるためのツールとなります。同ブロックチェーンはイーサリアム上のコントラクトの代わりとなり、今までと同じようにCOMP保有者によるガバナンスが行われる予定です。

現在開発チームは限定的な機能のみを備えたテストネットの導入に取り組んでおり、次の四半期にリリースする予定です。開発者やバリデーターのためのドキュメンテーションは数週間のうちに公開される予定です。

ホワイトペーパーによると、Compound Chainの大きな特徴として独自通貨CASHを取り入れています。CASHはMaker DAOのDaiと同じように借入を行うことで取得できるようになります。

ユーザーはCASHを用いることでトランザクション費用を支払うことができます。

今年のDeFiブームの先駆けとなったユーティリティ/ガバナンストークン$COMPは、Coinbaseが6月22日にCOMPの取り扱い開始の発表を受けて、1COMP=約50USDTであった相場が瞬間的に1COMP=約200USDTまで高騰し、4倍の値上がりを見せました

記事ソース:Compound

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事