NFT、Pudgy PenguinsがイギリスのSmyths Toyでおもちゃを販売開始

NFT、Pudgy PenguinsがイギリスのSmyths Toyでおもちゃを販売開始

NFTコレクションのPudgy Penguinsのおもちゃ、「Pudgy Toys」がイギリスのSmyths Toyで販売を開始しました。

先日アメリカの大手小売店ウォルマートでも販売がスタートしており、多くのコミュニティから好意的な評価を受けているようです。

関連:アメリカ大手ウォルマートでPudgy PenguinsのPudgy Toysが販売

また、Pudgy Toysの販売はAmazonからスタートしており、こちらが好調だったことが、今回の実店舗展開へ繋がったことが考えられます。

NFTマーケットプレイスのOpenSeaのデータよれば、Pudgy Toysのウォルマートでの販売開始後、Pudgy Penguinsの取引量が増加していました。PFPのNFTコレクションとして、Pudgy PenguinsはそのIP化に成功に近づいており、その成果は業界内でも際立っているように伺えます。

Pudgy Penguinsの公式Twitterアカウントを確認すると、Pudgy Toysの価格が10ユーロ未満であることが確認されます。この価格帯から、商品のターゲットが子どもも含めた幅広い層であることが伺えます。

Smyths Toyは、アイルランドを拠点とした玩具専門の多国籍チェーン企業で、アイルランド、イギリス、ドイツ、スイス、オーストリア、フランス、オランダに200以上の店舗を展開しています。現在、イギリスの店舗を中心にPudgy Toysの展開が進められています。

今後、どこまで販路を拡大していくのか、またそれに伴いNFTにどのような影響があるのか、注目していきたいところです。

NFTコレクションのおもちゃ展開に関しては、CT Analysisでもレポート配信していますので、こちらもあわせてご覧ください。

記事ソース:Pudgy Penguins X(Twitter)

画像:Taljat David / Shutterstock.com


免責事項

・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。
・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。
・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。(その他の免責事項はこちら)

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks