Binance Charityが個人防護具の追跡を可能にする $PPE を発行し、マスク20万枚をNYへ寄付
   公開日 : 2020/05/11

Binance Charityが個人防護具の追跡を可能にする $PPE を発行し、マスク20万枚をNYへ寄付

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Binance CharityがPPE(個人防護具)の追跡を可能にするステーブルコイン$PPEをブロックチェーン上でローンチしました。

マスクの使用者までの輸送を表すPPEトークンのローンチの経緯として、「寄付や寄贈は寄贈者から受取人までの流れの透明性が重要である」と説明しています。PPEの主な特徴は以下の通りです。

  • 1 PPE Token = .02 USDのペグ
  • 非投機トークン
  • 100%透明な取引と対改竄性
  • Binance Chairtによって統括された取引

仕組みとしては、受取人がPPE用のウォレットを準備し、特使がマスクを空港から受け取り病院へ届けます。病院で所定の手続きを行いBinance Chairtyが承認することで、Proof of Deliveryの報酬として特使へPPEが配られます。その後、PPEは買い戻されカストディアルウォレットでステークされます。

これから20万枚以上のマスクが特使によりニューヨークの病院などへ届けられる予定です。

記事ソース:Binance Charity

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事