韓国大手取引所BithumbがDeFiプラットフォーム構築基盤であるBithumb Chainを発表
   公開日 : 2019/11/07

韓国大手取引所BithumbがDeFiプラットフォーム構築基盤であるBithumb Chainを発表

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

韓国の大手取引所であるBithumbが新たなブロックチェーンに基づき、”Exchange-as-a-Service”プラットフォームの立ち上げを発表しました。

Bithumbが発表した内容によるとBithumb Chainを利用して、ユーザーと開発者がオープンソースのブロックチェーンネットワーク上で分散型金融(DeFi)のアプリケーションを構築できるようになります。また、ユーザーは独自で分散型エクスチェンジ(DEX)のセットアップもできるようになります。

Bithumb Chainは現在、開発段階となっており、テストネットが年末までに稼働、メインネットのローンチは次の四半期中を予定です。

Bithumbによると、Bithumb Chainでは「独占的なOBFTハイブリッドコンセンサスモデル」を採用する予定となっています。

記事ソース : CoinDesk

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事