Coincheck(コインチェック)勝屋氏が代表を退任 経営体制を大幅変更
   公開日 : 2019/11/22

Coincheck(コインチェック)勝屋氏が代表を退任 経営体制を大幅変更

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

国内の大手暗号資産交換業者「Coincheck(コインチェック)」は22日、事業拡大の迅速化を理由に経営体制の変更を発表し、代表取締役や社長・副社長執行役員の大幅な異動を行いました。

代表取締役と社長執行役員を務めていた勝屋 敏彦氏は全職から退任し、コインチェックの事業運営から身を引くこととなりました。現副社長執行役員の和田 晃一良氏は取締役にも就任しました。

コインチェック取締役・執行役員の異動内容

勝屋氏に替わって代表取締役と社長執行委員に就任したのは、マネックスグループで執行役を務める蓮尾 聡氏で、マネックスでの役職が現行のままコインチェックでも就任する形になっています。

今回の経営体制の決定に関し、時事ドットコムが入手した広報担当の声明は「資産不正流出で金融庁から業務改善命令を受けて以来取り組んできた社内体制の整備に一定のめどが付いたため」とされています。

ソース: コインチェック, 時事ドットコム

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事